都農ワインホームページへ
 都農ワインの情報満載!                   

カテゴリ
栽培
ワイン
都農グルメ
コミュニティー
葉っぱの会
AUSTRALIA
菜園
イタリア
以前の記事
最新のトラックバック
葉水
from ロマネ・コンティの庭
シラー/シラーズ(ブドウ..
from ブログで情報収集!Blog-..
メオ・カミュゼ・リシュブール
from ワイン 資料
シャトー・ラフィット・ロ..
from ワイン 資料
シャトー・ラフィット・ロ..
from ワイン 資料
デュジャック・クロ・サン..
from ワイン関連資料
ミネストローネ
from 最後の晩餐
フォロー中のブログ
リ ン ク
都農ワイン    
ぶどう園の四季(hyakusyou)
田んぼ通信
☆グランド・スラム☆
よし子ちゃんの九州・鹿児島レポート
荻原葡萄園


プロフィール赤尾誠二
1974年
宮崎県児湯郡川南町生まれ
1993年
高鍋農業高校卒業
同年4月
技師として都農町役場に採用
同年4月から
宮崎県食品加工開発研究センター微生物応用科で一年間研修、都農町果実酒醸造研究所にて3年間の試験醸造に携わる
1994年
山梨県のワイナリーで醸造研修
1996年から都農ワイナリーで栽培、醸造に携わる
2000-2001年、カリフォルニア サクラメントで開催されたUnified Wine&Grape Symposiumに出席
2006年2月
日豪交流事業の一環として、日本を代表して、豪ティンタラワイナリーで2ヶ月半の醸造研修



以前の栽培通信はこちらから!

有限会社 都農ワイン
〒889-1201
宮崎県児湯郡都農町大字川北14609-20
電話:0983-25-5501
FAX:0983-25-5502
English Here
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
マスカット・ベリーAの果実肥大、順調。猛暑続きのぶどう園。
久しぶりに快晴となりました。雲ひとつ無い、真っ青な青空が広がりました。
b0066067_16213823.jpg
日差しも強く、腕がジリジリと焼けるような感じを受けるくらいです。
でも、今日の快晴は、木陰に入ると風がなんとなく気持ちよく、真夏日よりそのものです。泳ぎたくなるような暑さでした。
b0066067_16203453.jpgb0066067_16204567.jpg
左の写真は今日のマスカット・ベリーAです。果実がムラ無く肥大しはじめ、味わいは、ものすごく酸っぱい!皮が硬い!しっかり充実した果実です。再来週くらいには、着色がはじまり出すと思います。着色がはじまるとグングン糖度が増し、美味しいぶどうへ変わりはじめます。
右の写真は、昨日、ハンマーナイフという草刈機で、雄二さんに通路の草を刈ってもらいました。その刈った草に白い菌糸がびっしり。土の微生物によって草の分解が進みはじめました。温度と湿度。微生物にとって環境の良い天候が続いているので、動きも早いようです。土壌団粒の維持と微生物活動による副産物を結果としてぶどうが利用していきます。
[PR]
# by seiji1996 | 2006-07-15 16:21 | 栽培
ぶどうの糖度、すっぱいけど、糖度計では・・・。
今日もムシマス!この感じは、今の時期特有のムシムシ感です。
もうかれこれ2週間くらいは、こんな気候が続いています。この数日は、ギラギラと太陽の光がが湿度にプラスアルファーされて、ムシムシ度を上げています。
b0066067_1322910.jpg
これだけ蒸し暑い中、ぶどうは、踏ん張っています。蒸し暑いのは、日中だけではなく、夜も朝方も熱帯夜・・・です。ぶどうは、夜間の転流時期に体力を消費してしまうので、いろんな病害が心配されます。味、耐病害の指標にしている、果実の酸っぱさから、水っぽさを感じないので、何とか踏ん張ってくれそうです。一部の園でベト病が出ていますが、進行していません。
b0066067_13222698.jpgb0066067_13223571.jpg
今日から、糖度計を持って、計測をしていきます。b0066067_13225551.jpgb0066067_13233996.jpg
どんな糖度のあがり方をするのか、楽しみです。今日の糖度は4.6度。屈折糖度計なので果汁中の物質によって反応が変わります。糖度というよりは、酸度に近い今の果実です。
b0066067_132414.jpgb0066067_13254186.jpg
農場では、草刈、枝の整理の再開。暑い中での作業が続きます。
[PR]
# by seiji1996 | 2006-07-14 13:25 | 栽培
ラベル貼り、うめわいんの製品作り急いでいます!
今日もムシマス!この感じは、今の時期特有のムシムシ感です。
湿った風、空気、暑さ・・・。これは凄いです・・・。事務所のPCが壊れるんじゃないかというくらい、事務所も床がいつも濡れている状態です。
b0066067_16181956.jpg
なんとか、ラベル貼りも軌道に乗り、2006年のビンテージシールの貼られた製品が次々と出来上がりはじめました。おそらく、日本一早い、2006年のビンテージの入ったワインになるかと思います。
今年のうめわいんは、洋ナシのような甘い香りが強く、モモやバナナのような香りもしてきます。発酵の時の微炭酸もちょっとした先に感じ、まろやかな甘み、渋みが心地よい仕上がりです。華やかな香り、爽やかな口当たりが楽しめる、夏のワイン。うめわいんです。
きりっと冷やしたほうが、美味しい!!
b0066067_1618378.jpgb0066067_16184840.jpg
7月15日より、うめのスパークリングワインと同時販売です。お楽しみに♪
[PR]
# by seiji1996 | 2006-07-11 16:19 | ワイン
土用の丑の日、一足早くいただき!うなぎとうめの相性はいいかも!
今日もうだるような暑さと湿度。温度は、30℃前後ですが、湿度が120%くらいあるんじゃないか!という蒸し暑さでした。
今日からうめわいんの製品づくりをはじめたのですが、ビンにラベルがつかず苦労しています。こうなる事を見込んで、除湿機や暖房、冷房、扇風機・・・いろいろやりましたが、かないませんでした。今日は、逸れた台風3号の影響で湿った強い風が一日中ワイナリーを吹き付けていました。時々、豪雨、そして、ピーカン。10時頃には製品作りをあきらめることにしました。出荷までの日程があまり無いので、皆さんの知恵を借りて、明日からの対策を考えます。
b0066067_1646499.jpg

話は変わりますが、昨日は、友人から頂いたうなぎを蒲焼にして、うな丼を作ってもらい食べました。そこで!昨年買っていた、2005年のうめわいんと一緒に食べてみようと冷蔵庫で冷やしておきました。丼物は、かぶりつくように食べてしまう私なので、うなぎだけをじっくり食べることはできないので、まず、かぶりつくようにうな丼をたいらげ、数切れのうなぎとうめわいんを食べ合わせてみました。
すると、ビックリ!うなぎの油とうめの酸味、渋みが意外に良い相性でした。
2005年のうめわいんは、粘性のある旨みがぎゅっと凝縮され、まるで、熟したモモを口にした時のような食感ある旨みで、ビン熟成の凄さにビックリ!梅らしい香りが強く表に出ていますが、食事の邪魔をせず楽しめました。渋味が柔らかく、のどごしがスムーズで、何杯もいけちゃう感じの2005年うめわいんでした。
2006年のフレッシュ感いっぱいのうめわいんも良いいし、
熟成したうめわいんもなかなかいけますよ~。
b0066067_16471028.jpgb0066067_1745025.jpg
[PR]
# by seiji1996 | 2006-07-10 16:47 | ワイン
天然サウナのような蒸し暑い一日の定点観測。
昨日は、瓶詰室で殺菌中、瓶詰中は、ここはサウナかよ!というような蒸し暑い状態で、今日の午前中は、ぶどう園が気温の上昇と湿度で蒸し暑くすぐに汗だく・・・
さまぁ~ず風に・・・ ここもサウナかよ!・・・でした。
b0066067_19343185.jpg
この写真は、同じ場所で、同じものを同じくらいの時間に毎日撮影しているものの一部です。左の写真は、6月18日AM11:11に撮影。右の写真は、7月8日AM11:59に撮影。
20日間でどこが、どう変わったのでしょうか・・・。b0066067_19351913.jpgb0066067_19353211.jpg
こんなに変わりました。といっても、一見、粒が一回り大きくなった?
粒の大きさは、平均11.2㎜~13.2㎜になり、なんと+2.0㎜も大きくなり、枝の色が緑色から、うっすらオレンジがかったピンク色に変化。葉の形や大きさも・・・。
今日は、植物の表情から何をどう読み取り、これらを管理に活用していくという事を地元の有機農業研究会の三輪さんに教えてもらいました。

b0066067_1941689.jpg定点観測のような感じですが、デジタル農業日記みたいな感じで、ぶどうの表情の感想や管理内容、天候などを毎日入れていっています。毎日数十分の作業ですが、3ヶ月も経つと凄い量の写真になります。4,800枚になりました。この写真は、上記と同じ房です。撮影は、4月27日8:59です。房全長3cm。
[PR]
# by seiji1996 | 2006-07-08 19:45 | 栽培
うめわいん瓶詰、四苦八苦しながら爽やかワインの瓶詰。
今朝も豪雨。ワイナリー雨量計では、1時間当たり20㎜を計測。
雨の音で、夜中目が覚めるほどでした。

昨日は、うめわいんの瓶詰でした。おとといから調子の悪かった蒸気の混合機。瓶詰室のお湯が使えなくて、大変でした。今朝も瓶詰機の殺菌で使うお湯は、蔵内からホースで引っぱって、行うことになりました。
b0066067_7582973.jpgb0066067_7584325.jpg
瓶詰が何とかはじまったと思ったら、メンブランがつまり、急遽新しいのに取替え、その後は、順調!かと、思ったらまたまた、詰まりそうで・・・。
工場長と工場内を走り回りながら、何とか、無事終わりました。ちょっと痩せたかな?
昨日は、スティルワインの瓶詰で、今日は、スパークリングワインの瓶詰を行います。今日こそは、快調に終わりますように!

今年のうめわいんは、むきたてラフランスの香!?「うめ」というよりは、洋ナシ、モモ、バナナなどの甘~い香りの中心にうめの存在がしっかりあります。
ほのかな渋み、しっかりとしたうめ特有の有機酸。酸味と甘みのバランスが心地よく、キリリト冷やして夏にぴったりの爽やかうめわいん。7月15日より販売開始です。
[PR]
# by seiji1996 | 2006-07-07 07:04 | ワイン
山梨県ワイン酒造組合の視察がありました。
山梨県ワイン酒造組合の方が視察におみえになりました。
組合員は、山梨県内のワイナリーで構成されており、今回視察に参加したのは29名。ワイナリーの見学とぶどう栽培についての視察で、九州各地のワイナリーを視察するプログラムの中で都農ワインにお見えなりました。
b0066067_19431436.jpgb0066067_19432674.jpg
高温多湿、多雨の宮崎県都農で取組んでいるぶどう栽培、ワイン醸造に大変興味がある様子でした。都農町長の挨拶、工場長の概要説明、ぶどう栽培については、地元有機農業研究会の三輪晋氏と私とで、写真を使ってぶどう栽培の中で取組んでいる状況をお話し、現場を見ていただきました。宮崎県の中でも都農町、川南町は、特に農業の環境が良くないため、農業技術が発達している地域です。土づくり、肥培管理、整枝剪定・・・。
ぶどうは、乾燥していて、雨が少なくて、傾斜地で、仕立は…。年間3,000㎜を超える雨量の中で、できるぶどうを見て、驚いていた様子でした。
ぶどう、ワインの本場山梨から、栽培の事や醸造の事で視察に来られるなんて凄いなと思いました。夜は懇親会があり、いろんなワイナリーの方とお話ができ、交流ができました。
緊張して、飲みすぎちゃった・・・。
[PR]
# by seiji1996 | 2006-07-06 19:43 | コミュニティー