都農ワインホームページへ
 都農ワインの情報満載!                   

カテゴリ
栽培
ワイン
都農グルメ
コミュニティー
葉っぱの会
AUSTRALIA
菜園
イタリア
以前の記事
最新のトラックバック
葉水
from ロマネ・コンティの庭
シラー/シラーズ(ブドウ..
from ブログで情報収集!Blog-..
メオ・カミュゼ・リシュブール
from ワイン 資料
シャトー・ラフィット・ロ..
from ワイン 資料
シャトー・ラフィット・ロ..
from ワイン 資料
デュジャック・クロ・サン..
from ワイン関連資料
ミネストローネ
from 最後の晩餐
フォロー中のブログ
リ ン ク
都農ワイン    
ぶどう園の四季(hyakusyou)
田んぼ通信
☆グランド・スラム☆
よし子ちゃんの九州・鹿児島レポート
荻原葡萄園


プロフィール赤尾誠二
1974年
宮崎県児湯郡川南町生まれ
1993年
高鍋農業高校卒業
同年4月
技師として都農町役場に採用
同年4月から
宮崎県食品加工開発研究センター微生物応用科で一年間研修、都農町果実酒醸造研究所にて3年間の試験醸造に携わる
1994年
山梨県のワイナリーで醸造研修
1996年から都農ワイナリーで栽培、醸造に携わる
2000-2001年、カリフォルニア サクラメントで開催されたUnified Wine&Grape Symposiumに出席
2006年2月
日豪交流事業の一環として、日本を代表して、豪ティンタラワイナリーで2ヶ月半の醸造研修



以前の栽培通信はこちらから!

有限会社 都農ワイン
〒889-1201
宮崎県児湯郡都農町大字川北14609-20
電話:0983-25-5501
FAX:0983-25-5502
English Here
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧
花、ぶどう一粒の花。綺麗です。
早いところで、ぶどうの開花がはじまりました。
全体の1%もいっていないくらいの割合ですが、一部開花です。
b0066067_0191429.jpg

今日は、葉面散布をしました。全部の園を一列ずつ通りますので、
各園の様子を見ることができました。4haで、3時間くらいかかります。
誘引作業に追われていて、しばらくは、私が葉面散布をします。明日も・・・。
若干、誘引が遅れていて、猫の手も借りたいほどです・・・。
春先の天候不順によって、作業が遅れた分がそのままずれ込んだ感じです。
再来週には目処が立ちそうです。適時の作業がベストなので、きがきではないん
ですが、頑張りどころです。スタッフの手際も良く、一園ずつこなしていきます。

一部の園の一部で、開花がはじまっていました。
ぶどうは、一粒ずつ花が咲きます。
アップで見ると綺麗ですが、パッと見ると地味?
漂白剤にも似たような香りが所々でただよっています。
受粉して、一時肥大に入ります。楽しみです。

この10日間ほど雨ばかりで、湿度が96%の日が続きましたが、
何とか病気にもならず、順調に育っています。
[PR]
by seiji1996 | 2006-05-15 23:47 | 栽培
梅雨入り?霧の中のぶどうの誘引作業、遅れないようにしないと。
今日もぐずついている都農の空模様。梅雨入は、まだですが、梅雨のような
天気が続いています。今日の農場は、雲の中??というような状態。
霧によって、先が見えないような朝でした。もうすぐ、梅雨入りするんですかね。
b0066067_1722441.jpgb0066067_17225533.jpg
農場スタッフは、雨の中、誘引作業をしています。
今日は、シャルドネの誘引作業。この2週間は、驚くように枝が伸びたように
感じましたが、例年通り、順調に生育はしています。
誘引は、今がピークです。枝を横に倒して、テープで固定していきます。
1列40mで、15cm感覚で芽が出ていますから266の枝になります。
それを1人で、1日8列、320mで2,133の枝を固定することになります。
気が遠くなるような作業ですね。この横に寝かせる仕立て方は、地元の生産者が
やっている方法です。この方法に変えて、みるみる結果がよくなってきました。
もちろん、土づくりをして、根の張る環境を整えていくことが1番大事です。
b0066067_17232599.jpgb0066067_17234377.jpg
あと2週間くらい、誘引作業に追われます。でも、以前の垣根式の栽培より、
労力も削減できて、ぶどうの結果もいい、仕立て方です。
b0066067_172475.jpgb0066067_17242032.jpg
右:カベルネ・ソービニヨンの房の様子です。房先が立ち上がってきました。
[PR]
by seiji1996 | 2006-05-13 17:25 | 栽培
オーストラリアワインの試飲会で大阪に行ってきました。
台風1号が発生しましたね。例年より遅めの発生になっているので、
単純に考えて、発生数は少ない?ということは、上陸数も少ない?
ぶどうが台風のダメージを受ける可能性も減る?
期待はしていきたいです。台風の事が気になる季節になりました。
b0066067_9233937.jpgb0066067_924347.jpg
昨日は、ワインの試飲会で大阪に行ってきました。
オーストラリアワインの試飲会と、シラーズをテーマにした、セミナーが
ありました。講師は、ジェラミー・オリーバという、ワインライターです。
得点とコメントで、オーストラリアのワインを評価している、有名なライター。
オーストラリアで、モーガンとワイナリー巡りしているときに買った本が
ジェラミーさんの本でした。納得できるポイントを付けていたので、
モーガンも私もとても参考になりました。
b0066067_9243078.jpgb0066067_9244122.jpg
シラーズの歴史とシラーズの持つ、様々な顔を紹介、説明。
ホテルニュー大谷の小嶋さんも一緒にワインの解説をしてくださいました。
一番面白かったのは、最初からオーストラリアは、シラーズに力を入れて、
作り続けていたのではなく、海外の人の評価があって、地元の人がシラーズを
愛するようになったと言うことでした。それから、シラーズを使ったワイン造りが
いろんな個性と共に飲まれるようになってきたそうです。
しかも、この30年くらいの話だそうです。オーストラリアと言えば、シラーズ!
個性あるワインと品質の高さには驚きます。
都農でも、キャンベル・アーリーが地元で愛されているように、
オーストラリアでもシラーズが地元で愛されています。
b0066067_9245918.jpgb0066067_9251815.jpg
左:ワインライターのジェラミー・オリバー氏
右:オーストラリアワイン事務局のベンジャミン・ホルト氏
[PR]
by seiji1996 | 2006-05-11 23:54 | AUSTRALIA
シャルドネの房作り、誘引をはじめました。よりより品質を目指して。
いい雨になりました?天気が良かったGWから一変、この数日の空模様は
梅雨を思わせます。今週は、大陸からの前線の影響で、雨が多くなりそうです。
野菜畑の土がとても乾燥していたので、この雨は、恵みの雨です。元気が出てきました。
b0066067_10404960.jpg

農園では、シャルドネの房作り、誘引をはじめました。
枝によっては、3房、4房と房を持っている枝があり、その房を2房、1房にする
ために落としていきます。また房の肩を落とす作業も同時に進めています。
b0066067_10403619.jpg

着果負担を制限することは、とても重要ですが、その前の土作が一番大事です。
どうしても、樹、ぶどうばかりをみて、「あーだ、こーだ」と言ってしましますが、
「根の張る環境を整えた上で、ぶどうを見ていくべきだ」と地元有機農業研究会の
皆さんに教えていただきました。今年は、よりより品質のぶどう作りを目指すために
着果負担を制限してみます。正直、もったいない・・・と言う気持ちを強く感じ
ますが、でも、やってみたい事でもありました。開花、肥大と楽しみです。
b0066067_1040078.jpg

[PR]
by seiji1996 | 2006-05-09 10:41 | 栽培
家庭菜園のようなミニ菜園に挑戦しています。
ぶどう園の下で、レタス、水菜、バジル、ズッキーニを作っています。
b0066067_1832929.jpgb0066067_1834426.jpg
ここの畑は、特に乾燥しやすいので、毎日のように潅水をしなければなりません。
今朝見た時に元気の無かったレタス、潅水後みるみる葉が起きて艶々してきました。
これまで、何度か野菜作りをした事があります。それは、ぶどうよりも大変でした。
生育が早く、こまめな管理が必要だからです。オープンカフェで使う野菜として、
栽培しています。土づくりした畑で、農薬を使わないで収穫したいです。
今は、大きくなるだけでも嬉しく思う程度のレベルですが、少しずつレベルアップ!
近い将来、菜園をもう少し増やしたいです。自分たちが栽培した野菜と手作りの料理、
そして、都農のワインをワイナリーの海の見えるカフェで楽しんでもらいたいです。
でも、人手が足りないので大変ですが、少しずつやっていきたいです。
b0066067_1835746.jpgb0066067_18478.jpg

[PR]
by seiji1996 | 2006-05-04 18:04 | 菜園
ぶどう園もワイナリーも活気が出てきました。
ワイナリーも連休に入り、賑わってきました。ゴールデンウィークは、里帰りの家族連れ、ちょっと遠出をしてワイナリーへ行こう!大分、鹿児島、福岡、佐賀、熊本…。から多くのお客さんもお見えになっていました。今日は、都農町出身の宮田若菜さんたちによる ちんどん屋“花ふぶき一座”の皆さんがワイナリーでライブを行い、お客さんと一緒に盛り上がって楽しんでいました。有難うございます。
b0066067_8303327.jpg

午前中、シャルドネの様子を見てきました。
ぶどうの葉色が変わってきました。この数日で一番濃く感じます。そして、成長点が白っぽく見えました。淡い緑から、濃い緑へ。葉が本葉になってきているようです。
葉の大きさも今年は、コンパクトで厚みがあります。今日は、地元有機農業研究会のリーダー三輪 晋さん、工場長と園周りをしました。シラーズやカベルネの生育が順調で、特に、葉がコンパクトなのを見て、「今後が楽しみだ」と言ってくださいました。
これからの管理について話して、数園を見て回りました。毎年、いい!と言っていますが、年々少しずつ良くなっているんです。シラーズ、カベルネ。今後の生育が楽しみです。
b0066067_8304679.jpgb0066067_8305573.jpg
房の大きさが6cmになりました。この数日で、2cmくらい伸びました。
[PR]
by seiji1996 | 2006-05-03 23:38 | 栽培
カベルネ・ソービニヨンの芽かぎ。枝を見て、悩み、選びます。
b0066067_13162226.jpg

今日は、都農のぶどう生産者、黒木玲二さんに来て頂いて、芽かぎの指導を
して頂きました。どの枝も房を持っていて、しかも、枝の伸び方も揃っているので、
芽かぎはしやすいです。しかし、時々難しい枝に遭遇しますけど…。
剪定で2芽残しの短梢剪定をしたので、2芽、3芽の芽が展開しています。
その枝を整理していく作業が芽かぎです。
玲二さんに指導してもらって、ルールをみんなで統一させ、今年収穫する枝、房を
選び、残していきます。勇気のいる決断?? 早めに芽かぎができることは、
樹への負担を減らすことになりますので、今後の生育が楽しみです。
数年前、私の段取りが悪くて、すべての遅れたことがありました。
適時に作業を進めることの大切さをその時強く感じました。
今日で芽かぎは、すべて終了!! 安心して、スタッフの皆さんは、連休に入れます。
b0066067_13163478.jpgb0066067_13164288.jpg
芽かぎが済むとこんなにすっきりします。右の写真が芽かぎ済み。
[PR]
by seiji1996 | 2006-05-01 23:15 | 栽培