都農ワインホームページへ
 都農ワインの情報満載!                   

カテゴリ
栽培
ワイン
都農グルメ
コミュニティー
葉っぱの会
AUSTRALIA
菜園
イタリア
以前の記事
最新のトラックバック
葉水
from ロマネ・コンティの庭
シラー/シラーズ(ブドウ..
from ブログで情報収集!Blog-..
メオ・カミュゼ・リシュブール
from ワイン 資料
シャトー・ラフィット・ロ..
from ワイン 資料
シャトー・ラフィット・ロ..
from ワイン 資料
デュジャック・クロ・サン..
from ワイン関連資料
ミネストローネ
from 最後の晩餐
フォロー中のブログ
リ ン ク
都農ワイン    
ぶどう園の四季(hyakusyou)
田んぼ通信
☆グランド・スラム☆
よし子ちゃんの九州・鹿児島レポート
荻原葡萄園


プロフィール赤尾誠二
1974年
宮崎県児湯郡川南町生まれ
1993年
高鍋農業高校卒業
同年4月
技師として都農町役場に採用
同年4月から
宮崎県食品加工開発研究センター微生物応用科で一年間研修、都農町果実酒醸造研究所にて3年間の試験醸造に携わる
1994年
山梨県のワイナリーで醸造研修
1996年から都農ワイナリーで栽培、醸造に携わる
2000-2001年、カリフォルニア サクラメントで開催されたUnified Wine&Grape Symposiumに出席
2006年2月
日豪交流事業の一環として、日本を代表して、豪ティンタラワイナリーで2ヶ月半の醸造研修



以前の栽培通信はこちらから!

有限会社 都農ワイン
〒889-1201
宮崎県児湯郡都農町大字川北14609-20
電話:0983-25-5501
FAX:0983-25-5502
English Here
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧
ソービニヨン・ブランクの濃厚な果汁に驚きました。
b0066067_673477.jpg今日は、ソービニヨン・ブランクのプレスをしました。ソービニヨンブランは、白ワインのぶどうですが、赤ワインのセラーでスキンコンタクトを3日間していました。
発酵させずに果皮から旨みを抽出します。発酵させずに浸漬させるのは非常に危険です。
空気との接触による酸化と雑菌による汚染が常に隣りあわせだからです。健全なぶどうと綺麗なタンク、日々のチェックが必要です。通常のスキンコンタクトの時間に比べて非常に時間が長いので、ワインメーカーは頻繁にチェックしていました。濃厚で複雑な味わいと蜂蜜やリンゴのような濃厚な香りに驚きました。ティンタラワイナリーのセラードワだけで販売するそうです。この後、樽で発酵、熟成させ、甘口のデザートワインにするといっていました。

その他にカベルネ・ソービニヨン、シラーズ、グルナッシュのプレスがありました。明日くらいまでがピークのです。いっせいに来たぶどうを1週間ほど発酵させて搾ります。搾る作業が10日間にひとつのピークがきて、その後、発酵の作業が続きます。
明日までで23本くらいのタンクを搾汁する予定です。カベルネの粕出しが一番大変です。果皮がコンパクトで、硬く、かきだすのに力が必要です。ルーブスが、やっているのを見ていると簡単そうだったのですが、私がすると歯が立ちませんでした。スミレのような華やかな香りは、好きですが粕出しはきつかったです!
[PR]
by seiji1996 | 2006-04-12 02:05 | AUSTRALIA
ワインのティスティングは大事です。!
私のティンタラでのビンテージは、残す3日間です。早いです!
あっという間でした。ようやく、いろんなことに少しずつ慣れてきたのですが、もう終わりです。なにもしていないような気分です。正直、このビンテージが終わるまで居たい気持ちと日本に帰って、家族や都農の人達と会えるの楽しみだし、複雑です。
今ティンタラでは、2/3の6,000tの仕込が終わり、残す、3,000t程度になりました、というか、ピークです。搾るタンクの搾り先のタンクが無い状態で、タンク回しにワインメーカーは神経を使っています。
b0066067_22504198.jpgこれから、スタッフの疲労もピークで、こんな時期に帰るのは申し訳ないです。
でも、都農でもぶどう栽培の重要な時期に入ります。4月から、私達の日本でのビンテージの始まりでもあります。ぶどう栽培のスタートです。
この数日は、搾るための作業や日によっては、8時間ずっとポンプオーバーすることもあります。最初の数本のタンクは、楽しんでやっていますが、そのうち、もう、誰か変わってくれ~!俺に休憩くれ~!と叫びたくなるほど、気が遠くなる時間です。作業は楽しいのですが、作業に集中してしまい、ワインに対しての感性をなおざりにしがちなので、ワインメーカーとのティスティングは、欠かさないようにしています。
このティスティングが、これまた、半端じゃない数をします。今日は、ティスティング3時間すーっと違うワインのティスティングをワインメーカーとしました。
数にして、300本ほどのワインです。それぞれのワインがどんな特徴を出していて、どう変化し、どう造りこんでいくのかを決めていきます。参加していると時々、質問されます。
これ今日搾るかどうかの時に参考意見として聞かれます。特に難しい常置あの時に聞かれるので、面白いです。このティスティングを毎日していると、作業にも意味が持てるようになり、仕事が楽しくなります。この、ティスティングは、無理してお願いして、参加させてもらっています。舌がしびれ、麻痺していくのもある意味快感ですけど・・・。
あと3日間ですが、いっぱいいろんな事を経験していきたいです。
[PR]
by seiji1996 | 2006-04-11 22:50 | AUSTRALIA
ピノグリのホールバンチプレス。ピノグリの華やかさに驚きました。
b0066067_061861.jpgとにかく、毎日が忙しく、慌しく、あっというまに1日が過ぎてしまいます。
今、ティンタラでは、空のタンクが無くなって、搾ったワインを受け入れるタンクが無い状態です。なんとか、作業の手順で、押し込んでいる状態です。
セラーハンドもワインメーカーの指示書の作業をこなしきるので精一杯。
本当にビンテージのピークが来ています。昨日の森君のバロッサでは、やっと仕込がはじまった!というくらい、100Kmほどしか離れていない産地で、これほど時間差があるとは驚きます。
b0066067_072352.jpg今日は、ピノグリという、紫色のぶどうを搾りました。見た目は、日本のデラウエアに似たようなぶどうです。見た目は、渋そうな、変なぶどうですが、香りがフルーティーで、酸味がふくよか、面白いワインです。バスケットプレスをするわけは、仕込みのロットの関係です。ここは、大きなプレスの機械しかないので、少ないロットをその機械で搾ると、機械が壊れてしまうので、8セラーにある、バスケットプレスを使う事になりました。酸化に弱いぶどうでもあるので、作業は慎重、丁寧に行いました。8セラーの若手、21歳くらいですが、ルークとマークと一緒に仕事をしました。彼らは仕事を始めたばかりで、私が教えているくらいです…。でも、一生懸命働く、いい人間です。ワインの酸化に対する気の使い方や作業手順は、都農ワインでもやっていることプロセスは同じなので、気を使う意味が私はなんとなく解りますが、彼らには、まだ解りません。彼らはこれから、エイドリアンやルーブスのようにこのティンタラを縁の下で支えていくようなスタッフになりたいと言っていました。地元の人間です。
[PR]
by seiji1996 | 2006-04-10 23:34 | AUSTRALIA
バロッサバレーのワイナリーを尋ねて、200kmのドライブ。
昨日、近くに住むティンタラスタッフにBBQに誘われました。
b0066067_22323690.jpgb0066067_22281092.jpg
仕事が終わったのが9時頃だったので、遅い始まりでしたが、ソーセージと羊、牛肉、
おなかがすいていたので、めちゃくちゃうまかったです。
飲みすぎちゃって、どうやって帰ったのか、全く覚えていません…。歩いて帰れる距離だったので、安心して、飲みすぎてしまいました。正確には、途中から記憶がなくなって、グラス2,3杯くらいのワインでしたが、昨日は、めちゃくちゃハードな仕事で、疲れていたので、酔いが回るのが早かったです。
b0066067_22291328.jpgb0066067_22294053.jpg
今日は、日曜日。久しぶりに休みを頂きました。そして、今日は引越しです。
モアナビーチホテルと言って、海沿いの立派なアパートで、6週間過ごしました。モーガンとは、5週間。散らかっていたので、掃除と荷造りが大変だと思って、今日は、休みを頂きました。冷蔵庫、キッチン、リビング、部屋・・・ 掃除に3時間もかかってしまいました。引越し先は、最初に泊まったB&Bです。アランのホテル。ここで、1週間過ごします。

b0066067_2230165.jpg2時くらいから、約100kmほど北へ車を走らせ、バロッサバレーに行ってきました。
バロッサバレーにトルブレイクという小さなワイナリーがあるのですが、そこに、日本人の森君が働いているので、彼を訪ねていきました。彼は、2年目のビンテージになります。日本では、ソムリエをしてた彼は、ワインをサービスする側で働いていたのですが、サービスよりもワイン造りに大変興味がわいて、我慢できずに、ここへきたそうです。
地元の人間が大好きな彼は、バーに通いたくさんの友達を作っています。彼の夢は、ここで、ワイナリーを持つ事。永住権を来年取得して、生涯ここで暮らしたいと言っていました。そして、数年後には、アデレードのワイン大学でワインの勉強をしたいと…。鼻息が荒く、意欲満々。日本に帰ったら、都農に遊びに来ると約束してくれました。
森君は、福岡出身なので、近い将来、都農へ来ると思います!バッロサバレーに尋ねていける友達ができて、楽しみが増えました。
[PR]
by seiji1996 | 2006-04-09 22:30 | AUSTRALIA
ワインライター デニスガスティンさんの取材。
ティンタラワイナリーにワインライターのデニスガスティンさんが取材に来てくださいました。デニスさんは、3年前に都農ワインに『ワインレポート』という、イギリスでトムスティーブソン氏が出版している本のアジア地区のワインライターをしています。
日本酒類業界トップ誌、酒販ニュースのオーストラリア特派員としても活躍していて、オーストラリアワインや栽培、醸造などの最新技術も紹介しています。

デニスさんは、ワイン造りの技術、ワイナリーとしての価値観、携わる人、ワインの品質を中心に取材しています。
そしてデニスさんは、食用のぶどう(キャンベル)をきっと世界で初めて、ワイン業界の専門誌ワインレポートで評価し、掲載した人です。なぜ、食用のぶどうを専門誌に掲載したのか、デニスさん曰く、「恵まれない気候の都農で、初めてぶどう栽培に挑戦した人の魂、焼酎王国でワイナリー、ワイン造りを地域づくりとして、役場の人達と町民が取り組もうと思った人達の魂、そして、世界に通じるワインを造りたいというワインメーカーの魂、ワイン専用品種の栽培に挑戦している魂・・・。その魂を強く感じた。私は、ワインとは何かと!いつも感じている。ワインは、地域で採れたぶどうを地域で醸し、それを地域で、地域の食と楽しむべきだと。それが、食用だとか、ワイン用品種だとかは関係ない。食用でも品質が高ければちゃんと評価すべきだと思うので、私は、ワイン業界に挑戦した」と言ってくださいました。

b0066067_22555817.jpg食用のぶどうで造ったワインは、ワイン業界では、“フォクシーフレーバー”が強く、良くないとされ、評価の対象にもならないほどでした。デニスさんは、2003年にワインレポート取材のため日本へやってきました。日本各地を回り、都農へも来て下さいました。
なぜ、都農へ来てくださったのかと言うと、焼酎王国&台風王国の宮崎でワイン造りに取り組んでいる事が興味があったそうです。質の高いワイン造り。地域づくりや、循環型農業、独自のぶどう栽培等、人のつながりと縁によって、恵まれた評価です。そして、小畑工場長のキャンベルを食用だからといって妥協せずに、真剣に、大切に、情熱的に質の高い醸造が実を結んだ事でもあります。

「まずは、いいワインを造り続ける事が大事です。ここで学んだ事は、きっと都農ワイン、日本のワイン業界のために役立つと思うので、頑張ってください」と言って、1時間ほどでしたが、いろんな取材をして帰っていきました。今回のここでの研修を一番望んでいたのは、デニスさんです。これからの都農町、都農ワインに大変期待しているようでした。特に、都農ワインと地域との関わり合いについて、興味があるようでした。
取材内容は、酒販ニュースの5月号か6月号に掲載されると思います。記事の内容は、変な事ばかり言ったので、あまり期待しないでください…。
写真を見ていると・・・、どこか共通点が・・・親子?というような見た目ですね。
[PR]
by seiji1996 | 2006-04-07 23:03 | AUSTRALIA
ワインの評価、ちゃんと訳があるんですね。
ティンタラワイナリーでは、いろんな賞を受賞しています。
ソービニオンブラン、シャルドネ、シラーズ、グルナッシュ、赤スパーク…。
大きなワイナリーでは、大量生産というイメージがありますが…、確かに大量作っています。しかし、大量に作るだけではなくて、ワインをぶどう畑から、細かく選別し仕込みロットを細かく分けて醸造しています。この畑のぶどうは、このプログラム醸造するという判断は、ワインメーカーが決断します。そして、仕込んだ日から、12時間毎に果汁、ワインのティスティングを全タンク、毎日していきます。その時々の香や味で、醸造の仕方を変えているのです。この変える作業は、目で見て、ティスティングして、分析して確かめていきます。大量生産というイメージではありません。小さなワイナリーで醸造している延長線上にあるような感じです。どんな細かな事でも妥協せずに追及し、決断しています。
ここは、気候や土壌が素晴らしいだけではなく、人が携わる事によって、ぶどう栽培とワイン醸造技術も洗練されています。10,000t仕込んでいるワイナリーで、畑の品質から選び抜き、2tのタンクで醸造するくらいです。その結果が、ワインのクオリティーの高さとして評価され、受賞を導いているのです。
b0066067_23114951.jpgそれから、工場内が衛生的に保たれている事です。工場内を綺麗にするという事は、雑菌によるワインの汚染を防げます。忙しくなってくるとどうしても汚くなってきますが、ここは、掃除部隊がいます。羨ましい…。毎日工場内を隅から隅までクリーニングしてくれます。もちろん、セラーハンドのスタッフも工場内を衛生的に保つ事が、いいワインを作る上で、大事な事だと知っています。
b0066067_23135669.jpg「セイジ!お前のワイナリーは綺麗か!」と聞かれて、もちろん綺麗だ!と言うと
「お前のワイナリーは、いいワイナリーだ!」とエイドリアンが言っていました。
都農ワインでも工場内は、かなり綺麗に掃除されています。事務所は、ちょっと汚いですが、工場は綺麗!! 都農ワインでは、忙しくなっても、掃除部隊はいないので、工場長と私がデッキブラシを持って、工場内を掃除しています。
掃除なんて・・・でも、実は、いいワインを作るためには、大事な事です。
[PR]
by seiji1996 | 2006-04-05 23:45 | AUSTRALIA
大きなティンタラワイナリーの小さなタンク。
今日は、今仕事が終わって、こちらでの事務手続きや書類提出などで、
メールを送らなくてはならなく、何とか終わりました。
オーストらワイン事務局の方には、大変お世話になっています。
ゆっくりブログアップ・・・。と思ったら、モーガンから電話が・・・。
ディナー作ったから一緒に食べようよ。と電話がありました。
そう、モーガンは、今日だけここに帰ってきているのです。
というわけで、早く帰らなくてはなりません。
モーガンと最後のディナーを楽しんできます。

今日も忙しい日でした。次から次へと仕事があって、いつまでやっても終わらない・・・。
4本の赤ワインを搾りました。今夜は、4本。ナイトシフトの人達も大忙しです。
今、ティンタラのタンクは、空のタンクが無くなってきて、ぶどうは、どんどん入ってくるので、大忙しです。タンクローリーで、瓶詰めするワイナリーへワインを運び、一日中、タンクを空けているスタッフもいるくらいです。いろんな仕事をいろんなスタッフがやっています。中には、もうヘロヘロ・・・。休みをくれと抗議しているスタッフもいるくらいです。
今日のブログは、内容が無いようなので、すみません。
b0066067_21263337.jpgb0066067_21271763.jpg
こんな仕込みもしています。小さなオープンタンク2tですが、このタンクから、ぶどうをショベルでかき出さなければなりません。結構簡単なようで難しいようで、というか、きつい作業ですが、タンクの中に入ると発酵の終わったぶどうに囲まれて、なんだか幸せな感じになります。そして、大きなティンタラワイナリーでは、こんな小さなタンクを使うくらい、ぶどうの品質を分けて仕込んでいます。
[PR]
by seiji1996 | 2006-04-04 21:28 | AUSTRALIA
カリフォルニアのワインメーカー モーガン! また会う日まで・・・。
2月下旬から同じアパートで暮らしてきた、モーガンが今日で帰ります。
帰るといっても、ティンタラは、先週で終わりで休暇に入っています。
今日は、バロッサバレーのワイナリーに行くそうです。明日は、クナワラに寄って、メルボルンへまで行くとか…。およそ、12時間のドライブ。ワインに対して、好奇心旺盛。

b0066067_232524.jpgモーガンは、カリフォルニアのソノマにある、レイヴェンスウッドワイナリーという大きな(ティンタラくらいの規模)ところからきました。この会社は、ティンタラの姉妹ワイナリーでもあります。彼の父は、ジョイル・ピーターソンという有名なワインメーカーで、今回、モーガンは、2年後にブティックワイナリーをオープンするための研修できました。
彼は、25歳ですが、ワインに対しての知識や雑学が豊かでなんでも知っていて、好奇心旺盛。しかも、料理が好きで、上手です。時間があるといつも作ってくれます。
男2人で同じアパート・・・、あやしいと思っている方!決してそんな事はありませんよ!
そして、彼は、とても優しい人です。寂しがりやでもありましたが・・・。


b0066067_2343332.jpgb0066067_2345769.jpg
彼は、仕事を早くあがることが多く、私は、遅くまで仕事をすることが多くなってきた時、夕食を作って、今日飲むワインはこれだ!と遅くまで待ってくれたり、いろいろ助けてもらいました。ティンタラでの仕事や生活の面でも彼がいなかったら大変でした。
そして、私が彼と約1ヶ月一緒に過ごして、一番刺激になったのは、ワイン中心の生活姿勢、好奇心です。世界中のワインとぶどう、ワインメーカーの名前と特徴、料理好き、そして、人を楽しませる会話がものすごく上手で、こんな人が世の中にはいるんだと・・・。
将来彼は、素晴らしいワインメーカーになると感じました。
彼とは私の英語力不足で、世間話をするのが大変でしたが、ワイン談義になると会話は弾みました。彼にとっても私との生活は刺激的だったと言ってくれました。
今日は、お別れの日、再開を約束し2人で抱き合って、握手して・・・。
カリフォルニアに尋ねていける友達ができて、これからの楽しみが増えました。
b0066067_2354644.jpgb0066067_2361467.jpg

ワインの奥深さというか、面白さを感じます。ワインは、世界共通の飲み物。都農町、都農ワインは、ワインを造るのに適した所ではないのですが、ぶどうがあります。それは、ぶどう栽培を成功させたぶどう生産者がいたからです。都農でワインを造っているということは、世界中の人達と触れ会えることができ、交流することができます。
まずは、より良いぶどうを造り、いいワインを造るための技術向上。
そして、都農ワインを支えてくださっている皆様との絆を深めて、楽しいワイナリーでありつづけたいです。いつか、モーガンやここの人達が都農を訪れた時に、素晴らしい町でいたいですもんね。変な文章になりましたが、都農ワインは、凄いです。こうして、いろんな国の人と出会え、交流できるのを実感すると、ワインの力って凄いなと思います。

いっぱい写真はあるのですが、一部ご紹介!!
[PR]
by seiji1996 | 2006-04-02 23:20 | AUSTRALIA
フジテレビの取材がありました。
今日は、文章が長くなってしまいました。すみません。
先日、フジテレビのマレーシア支局の方から電話をいただき、取材をしていただける事になりました。ニュースで流れる予定です。日時は、決まっていませんが、4月下旬頃の放送だと思います。工場内とワインメーカーとのティスティング、ぶどう園とセラードア・・・。そして、なんとモーガンと共に住んでいるアパートでのワイン談義の撮影にも来てくださいました。
今回のワイン研修の様子をニュースとして、紹介してくださるようです。
b0066067_20515816.jpgb0066067_20541035.jpg
※ぶどう畑で、カメラマンと取材のスタッフの方の方がぶどうを見て感激!記念撮影。

b0066067_20561176.jpgオーストラリアのワインの素晴らしさは、何なのかと自分自身も改めて考えさせられました。気候や土壌から恵まれる素晴らしいぶどう、醸造技術では、発酵の様子を化学分析と徹底的なティスティングでモニターし、科学的な手法を用いて果実の良さを引き出し、そして、バスケットプレスや卵白を使ったり、伝統的な手法も使いながら醸造しています。特に、発酵の途中から搾るまでのタンニンに対して、とてもシビアにテイスティングしています。このティスティングによって果皮からの抽出の作業や温度管理をしていきます。それから、赤ワインのシラーズに白ワインのヴィオニエを5%ほどブレンドしたワインなどのブレンド技術、これは、シラーズの華やかさが増幅され、見事に調和されています。
この赤ワインに白ワインを使ったり、赤ワインのスパークリングワインなど新しい発想をワインで試しているのがオーストラリアです。
まだ、ありました。都農ワインでもスパークリングミニで使っている、スキュリューキャップ。コルクの熟成とスクリューキャップの熟成を比較して、コルクダメージと熟成のバラつきを考えると、スキュリューキャップは、素晴らしい能力を持っているというデータを作ったのもオーストラリア発です。
ここでは、高級なプレミアムワインでもスキュリーキャップを使用しています。

この世界のワイン産業の最先端を行くオーストラリアになぜ、焼酎王国宮崎の都農ワインが選ばれたのか、第2段で取材したいと言ってくださいました。都農で取り組んでいる、地域コミュニティーやコミュニティービジネス、土づくり、ワイン醸造などの様々な取組が評価されたことは、「町民や役場、地域の人達が都農ワインを応援、支えているんですね」と驚いていました。今回は、時間の都合もあって、(放送時間が3~4分程度)都農ワインへの取材をすることができなかったようです。
都農ワインのホームページ、ブログは、大変素晴らしいと言っていました。
マレーシアからいつも見て下さっているようです・・・。
[PR]
by seiji1996 | 2006-04-01 20:49