都農ワインホームページへ
 都農ワインの情報満載!                   

カテゴリ
栽培
ワイン
都農グルメ
コミュニティー
葉っぱの会
AUSTRALIA
菜園
イタリア
以前の記事
最新のトラックバック
葉水
from ロマネ・コンティの庭
シラー/シラーズ(ブドウ..
from ブログで情報収集!Blog-..
メオ・カミュゼ・リシュブール
from ワイン 資料
シャトー・ラフィット・ロ..
from ワイン 資料
シャトー・ラフィット・ロ..
from ワイン 資料
デュジャック・クロ・サン..
from ワイン関連資料
ミネストローネ
from 最後の晩餐
フォロー中のブログ
リ ン ク
都農ワイン    
ぶどう園の四季(hyakusyou)
田んぼ通信
☆グランド・スラム☆
よし子ちゃんの九州・鹿児島レポート
荻原葡萄園


プロフィール赤尾誠二
1974年
宮崎県児湯郡川南町生まれ
1993年
高鍋農業高校卒業
同年4月
技師として都農町役場に採用
同年4月から
宮崎県食品加工開発研究センター微生物応用科で一年間研修、都農町果実酒醸造研究所にて3年間の試験醸造に携わる
1994年
山梨県のワイナリーで醸造研修
1996年から都農ワイナリーで栽培、醸造に携わる
2000-2001年、カリフォルニア サクラメントで開催されたUnified Wine&Grape Symposiumに出席
2006年2月
日豪交流事業の一環として、日本を代表して、豪ティンタラワイナリーで2ヶ月半の醸造研修



以前の栽培通信はこちらから!

有限会社 都農ワイン
〒889-1201
宮崎県児湯郡都農町大字川北14609-20
電話:0983-25-5501
FAX:0983-25-5502
English Here
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧
歴史を感じるぶどう生産者の剪定技術は、すごいっすね。
ぶどう生産者の皆さんが剪定の加勢に来てくれました。
都農のぶどう栽培の歴史は、約60年になります。都農の
ぶどう生産者は、毎年来る台風や長雨に立ち向かいながら、
ぶどうの産地を築いてきました。すばらしい剪定技術を持っている、
都農ワインを支えている皆さんです。
今日は、特に難しい品種の剪定をしていただきました。十人十色、ぶどうも
1本ずつ違います。丁寧に枝選びをしていただきました。
予定より、ずいぶんはかどりました。有難うございます♪
今回は、後継者の若いぶどう生産者も4名ほど参加、一緒に悩みながらの剪定…。
本当にややこしく、悩める剪定でした。そんな中、ベテラン生産者は、間違いなく、
私の倍以上のスピードで剪定をしていました。さすがプロですね。すごいっす。
b0066067_20433165.jpgb0066067_20435316.jpg
b0066067_20441387.jpgb0066067_20443427.jpg
[PR]
by seiji1996 | 2006-01-30 20:44 | 栽培
元気な果樹指導員の元気な剪定。また来てくださいね。
今日は、宮崎県の普及センター、農政水産部、果樹関係の指導員の方が
ぶどうの剪定に来てくださいました。都農担当の普及センター指導員の方
玲二さんが声を掛けてくださり、今日の日が実現しました。
県内でワイン専用品種を栽培しているところはあまりないので、実務研修として、
都農ワインのワイン専用品種の剪定に1日参加。
県内各地で、営農指導、技術指導をしている皆さん、
さすが!剪定鋏がとてもお似合い! 
しかも、口も手も元気な皆さん…。ホント元気でした。
大きな声でしゃべりながら、元気に剪定をしている人を私は、はじめてみました…。
b0066067_20225990.jpg

10数年前の都農ワインができる頃、このぶどう園で植付けや仕立て方など、一緒に
取組んでいた方が来ていたんですが、「ずいぶん改良してきたんだね、そう、あれから
10年か…」と私の髪を見ながら、しんみりうなずいているんです…。うなずかないで!!
「今度は、収穫時に来たいなぁ~」と言いながら、元気に帰っていきました。
b0066067_20231727.jpgb0066067_20232825.jpg
[PR]
by seiji1996 | 2006-01-27 20:23 | 栽培
シラーとマスカット・ベリーAの剪定。切り口でわかる枝の充実度合。
今日も寒いですが、今週は、ずっとお天気マーク!剪定もはかどりそうです。
スタッフの皆さんと玲二さんが朝から剪定をはじめています。
今日は、シラーとマスカット・ベリーAの剪定。
枝を切り落とした後の様子を見ていると…。
例年に比べて芯が細く、緑色の部分の木目が細かく、色も濃い。
この表情は、枝が充実しいるかの目安になります。そして、特にこの数年維持しています。
台風で葉が飛ぶものの、その前の管理によって得られたものだと感じています。
土づくりに取り組み始めて、変わったことのひとつでもあります。
逆にこの表情が、芯が太く、緑色の部分の木目が粗く、薄いとその年の生育は、
悪いようです。この事は、地元のぶどう農家さんに教えて頂きました。
節のない切った枝を口でくわえて息を通すと、木目の細かさ、太さが顕著に
わかるんです!今年の様子からすると、2006年もよい生育をしてくれそうな…。
b0066067_16335629.jpg
シラーの様子です。芯が細くて驚きました。
b0066067_16342754.jpg
2芽残して、短梢剪定をしていきます。
b0066067_16344121.jpg
海の見えるぶどう園。景色は最高!風は強いですけど…。
[PR]
by seiji1996 | 2006-01-25 16:35 | 栽培
スタイルがいい枝振り。見惚れちゃいます…。
うぉ~!久しぶりに快晴になり、雲ひとつ無い青空が広がり、気持ちいい!!
雨の後は、山が近くに見えるんですよね。都農の山、尾鈴山に、真っ白な雪が
積もっているのが、間近に見える感じです。
b0066067_11242364.jpg

明日から、剪定も再開できそうです。今年の枝振りを見ていると、
シャルドネの枝色は、白く、カベルネなどの赤い品種の枝色は、
赤い色をしています。白い品種でも赤い枝色があるみたいですが…。
そして、枝が締まっているように見えます。何と言うか、芽がプリッと
していて、節の間の枝が細く締まっている。それから、節間も短く、枝も硬い。
ん~なかなかスタイルがいい…。今春、どんな芽が出てくるのか、楽しみです。
b0066067_11244071.jpgb0066067_11245027.jpg
左:シャルドネの枝振り。右:カベルネの枝振り。b0066067_1125747.jpgb0066067_11251815.jpg
左:シャルドネは、枝色は白く、右のカベルネは、枝色が赤い。
[PR]
by seiji1996 | 2006-01-22 11:25 | 栽培
ぶどうの剪定がちょっと遅れ気味。目標は、1月いっぱい!
雨雨雨…ここのところ、ずっと雨が続いています。
福岡の友人が、今夜は雪が降るかもと言っていましたが、宮崎でも
昨晩から冷え込んできました。そう、今日は、大寒ですね。

剪定は、休みにしています。月曜日だけ剪定ができましたが、その後は、雨。
来週末、県の職員の方が剪定の手伝いに来てくださると連絡がありました。
玲二さんやぶどう生産者の皆さんがその次の週に手伝いにきてくださいます。
何とか、今月末までに目処を立てたいものです。
週末は、ぶどうの枝でBBQできるかな?枝が湿っているから厳しいかも。
ぶどう枝のBBQと赤スパを密かな楽しみにしています…。
b0066067_18141782.jpg

[PR]
by seiji1996 | 2006-01-20 18:14 | 栽培
オーストラリアでの研修決定。都農ワインが選ばれ、私がドキドキ…。
オーストラリアワイン事務局のベンジャミン ホルトさんがお見えになりました。
日本とオーストラリアの交流年である2006年、今年、ワイン関係では、ワイナリー同士の交流を目的として、日本のワイナリーで働くスタッフをオーストラリアのワイナリーに送り実務研修をするという企画が初めて行われるそうです。ワインレポート2004、2005で、インタビューに来た、デニス・ガスティンさんやいろんな方が都農ワインを推薦してくださり、都農ワインの名前が上がりました。ベンジャミンさん曰く「HPなどの情報も大変素晴らしいし、一度行って見たかったのです!」ということで、今回、訪問することになりました。

そして、なんとその研修に私が行くことになったのです。ひゃぁ~。ビックニュース!
オーストラリアは、いいワインを作るために、新しい醸造・栽培技術を早く取り入れ、素晴らしいワインがたくさんある国です。これまでの常識にとらわれない、技術力がとても魅力的です。私の行くワイナリーは、南オーストラリア州マクラーレン・ヴェール、ティンタラ・ワイナリーになりました。この研修で、北半球から数名のスタッフも参加する予定です。出発は、2月11日。約2ヶ月間行くことになりました。銘醸地といわれるオーストラリアのぶどうを手で触れる事ができると思うとそれだけで、ドキドキしてきます。収穫、ワイン醸造に携われる事ができる事って本当に幸せなことです。これも、都農ワイに携わっている皆様のお陰です。本当に有難うございます。
工場長、行ってこい!と寛大に言って下さって…。有難うございます。
これから今月は、いろんな作業が目白押しにはなりますけど。よろしくお願いします。
b0066067_1933869.jpgb0066067_1934658.jpg
ベンジャミンサンは、日本に来て6年目。日本語が私よりも上手で、驚きました。
都農ワインのラインナップ商品全種類をティスティングして頂き、シャルドネのエステート(3月末リリース)、キャンベル・アーリーを大変評価してくださいました。
[PR]
by seiji1996 | 2006-01-18 19:01 | AUSTRALIA
ぶどうの剪定はじまりました。また寒さがカムバック?結構寒い…。
久しぶりの雨…結構降りました。今日は、快晴と思いきや夕方からパラパラ雨。
今週は、天気がよくないみたいですね。せっかく畑に出れるようになったのに…。
今日から、シャルドネから剪定を始めました。ぶどう生産者の黒木玲二さんにお願いして、
目合わせ(打ち合わせ)をしました。こういう枝の場合、こういう切り方で、
こうしよう。こんな場合は、こんな方法がいい。などなど。
b0066067_9172526.jpg

聞けば聞くほど、いろんな事を教えてくださる玲二さん。助かりました。
要は、枝の様子の少し先を見て、切っていく事が大事です。
切ってしまったら繋がらないし…。短梢剪定が中心で、やりやすいのですが、
悩みます。悩む所は、芽の数をどう残すか。芽が出た時を想像して、芽の間隔を
意識して、芽の数を調整していく所です。楽しいですけど。
皆さんの手も次第にはかどり始めました。
月末は、ぶどう生産者がたくさん加勢に来てくださるとか。有難いです。
b0066067_9194974.jpgb0066067_9195992.jpg

b0066067_92089.jpgb0066067_9202655.jpg
[PR]
by seiji1996 | 2006-01-16 23:18 | 栽培
ぶどうの剪定来週から。今日の雨は、畑にも私にも恵みの雨。
今日は、久しぶりの雨。乾いた畑にとっては、恵みの雨になりました。
お陰で今朝は、ちょっと暖かく、朝の気温は11℃。風邪を引いていた私にとっても
恵み雨になりました。あぁ~お陰様で風邪もずいぶん回復してきました。
b0066067_1554679.jpgb0066067_1554162.jpg
結構な雨量でした。大粒の雨がときより激しく降り、一日中ずっと降っていました。畑にいると、やっぱり寒いのは寒い。これだけ降っているのに畑の土は、しっとりしてるだけで、べちゃべちゃはしていません。
ぶどうの剪定は、来週からになりそうです。ぶどう生産者の玲二さんにお願いして、目合わせをし、いろいろアドバイスをもらおうと思います。
今年のぶどうの剪定は、短梢剪定がメインとなります。2芽を残して、切っていきます。昨年は、枝の更新、改植する畑が多かったので、時間と手間がかかりました。
今年は、順調に終わるといいのですが…。明日から天気も回復。バリバリいこう!
[PR]
by seiji1996 | 2006-01-13 16:10 | 栽培
地域で取組む循環型農業。年間スケジュール打合せ。
先日、地元有機農業研究会(OFRA)の勉強会があり、出席しました。新年に入り、メンバーによる一年間の計画会議。一年の活動内容や都農町が取組んでいる循環型農業の今後の展開、スケジュールを話合いました。循環型農業は、家庭やスパーなどの生ゴミを堆肥にして、野菜や果物などの農産物を作る土に堆肥として使います。特に土づくり、植物の管理技術は、OFRAの取組みが鍵となります。ゴミに対する考え方や食べ物の大切さ、農薬に頼らない農業などを地域で取組んでいきます。今年は大事な年になりそうです。
b0066067_15521074.jpg

勉強会後、新年会? かぼちゃを作っている、黒木通也さん、キャベツを作っている佐藤勇さん。ぶどうを作っている黒木玲二さん。皆さんの野菜は、めちゃくちゃ美味いです。それから、役場 農林水産課の元気な黒川さんで赤スパークリングワインを飲んで、ハジケ、楽しい雰囲気でした。中でも赤スパは、大人気でした。特に男性に人気の赤スパ、少しずつ熟成していくのも楽しみです。
[PR]
by seiji1996 | 2006-01-12 23:58 | コミュニティー
土壌環境、水は、微生物にとっても大事なの。鎮(ちん)圧作業。
今日も快晴、最低気温は、-5℃まで下がりますが、日中は、10℃前後。例年になく、今年は、寒い年ですね。東北地方を襲っている雪、自然の力はホント凄いなと感じます。
b0066067_13351648.jpg

農場では、土づくり終盤の作業、鎮圧を行っています。土と堆肥を混ぜ、土の微生物が堆肥を分解しはじめ、土の団粒構造ができてきます。この団粒構造にぶどうの樹の根や草の根が張ります。特に宮崎では、冬に雨が少ないので、土の中が乾燥してきます。微生物が生息できる環境として、水分はとても大事です。鎮圧する事で、毛細管現象により、土の中の水分が安定してきます。フカフカ土の上を歩いた時にできる足跡。しっとり湿っているのと同じです。
2回目の土づくりまで、土壌環境を整え、微生物の生息環境を維持していきます。
b0066067_1335351.jpgb0066067_13354486.jpg
b0066067_1336733.jpg
今月は、剪定作業に追われそうです。
今週末から剪定を開始する予定。
剪定ばさみを磨いて、
枝を切る感触を確かめながら、
今年の作柄を想像しながら…。
[PR]
by seiji1996 | 2006-01-10 13:36 | 栽培