都農ワインホームページへ
 都農ワインの情報満載!                   

カテゴリ
栽培
ワイン
都農グルメ
コミュニティー
葉っぱの会
AUSTRALIA
菜園
イタリア
以前の記事
最新のトラックバック
葉水
from ロマネ・コンティの庭
シラー/シラーズ(ブドウ..
from ブログで情報収集!Blog-..
メオ・カミュゼ・リシュブール
from ワイン 資料
シャトー・ラフィット・ロ..
from ワイン 資料
シャトー・ラフィット・ロ..
from ワイン 資料
デュジャック・クロ・サン..
from ワイン関連資料
ミネストローネ
from 最後の晩餐
フォロー中のブログ
リ ン ク
都農ワイン    
ぶどう園の四季(hyakusyou)
田んぼ通信
☆グランド・スラム☆
よし子ちゃんの九州・鹿児島レポート
荻原葡萄園


プロフィール赤尾誠二
1974年
宮崎県児湯郡川南町生まれ
1993年
高鍋農業高校卒業
同年4月
技師として都農町役場に採用
同年4月から
宮崎県食品加工開発研究センター微生物応用科で一年間研修、都農町果実酒醸造研究所にて3年間の試験醸造に携わる
1994年
山梨県のワイナリーで醸造研修
1996年から都農ワイナリーで栽培、醸造に携わる
2000-2001年、カリフォルニア サクラメントで開催されたUnified Wine&Grape Symposiumに出席
2006年2月
日豪交流事業の一環として、日本を代表して、豪ティンタラワイナリーで2ヶ月半の醸造研修



以前の栽培通信はこちらから!

有限会社 都農ワイン
〒889-1201
宮崎県児湯郡都農町大字川北14609-20
電話:0983-25-5501
FAX:0983-25-5502
English Here
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧
オーストラリアのワイナリーからナイスチューミチュー チュッ♪
昨日の夕方、嬉しいお客様がお見えになりました。“セイヤース ベンジャミン”さん、
香さんご夫婦と香さんの妹の加奈子さんがお見えになりました。
そして、なんと!ベンジャミンこと“ベンちゃん”は、オーストラリアの
ヴィクトリア州にある、Mc.Guiganというワイナリーで働いている方なんです。
しかも、そのワイナリーの農場でぶどうの手入れをしているとか…。
ビックリしました。そのぶどう園に収穫のお手伝いに来ていた香さんと出会い、
めでたく。めでたく。ラブラブのお二人でした♪
香さんのお腹が大きくなったのとお正月帰国をかねて、今週、隣町の日向に帰って
きたそうです。工場と農場を案内させていただきましたが、皆さん大はしゃぎ!
出会いのぶどう園がよみがえったのでしょう…。
私も楽しい時間を過ごさせてもらいました。
b0066067_21513144.jpg
ベンちゃんは、都農ワインのシャルドネアンフィルタードを大変おいしいとお気に入り
の様子、味に厚みがあって、複雑な感じが好きだと言っていました。
笑顔の素敵な、皆さんでした。また、遊びに来てくださいね!
[PR]
by seiji1996 | 2005-12-30 21:51 | コミュニティー
ワイン樽の不思議、おいしさを引き出すバトナージュ。
師走のごとく、特に12月の下旬は、慌しい日が続きますね。
もう今年も残すところ後わずか。一年ってホント早いですよね~。

今日は、樽の作業、シャルドネのバトナージュとトッピングを行いました。
樽の中のをグルグル優しくかき混ぜ、おいしさを引き出す作業です。
定期的に行うこの作業は、今年は今日で終わり。
8月下旬に収穫したぶどうを樽で発酵させ、3月までの約6ヶ月間、樽で熟成し、
春のリリースを待ちます。先月のこの作業をした時にティスティングを
したのですが、その時よりも濃縮感があり、楽しみな味、香りでした。
ワインに仕上がるのがとても楽しみです♪
b0066067_1659761.jpgb0066067_16591557.jpg
攪拌する道具で、優しく混ぜていきます。b0066067_16593145.jpgb0066067_16594295.jpg
春のリリースを樽の中で待ちます。

夕方、雲行きが怪しくなって…
[PR]
by seiji1996 | 2005-12-28 17:00 | ワイン
肉料理との相性抜群、泡まで赤いスパークリングワイン。
都農ワインのスパークリングワインシリーズに新しい仲間が加わりました!!
その名も、『スパークリングワイン レッド』樽で熟成していたマスカット・ベリーAと
カベルネ・ソービニヨンをブレンドしたもので、(こちらの小畑の醸造通信に瓶詰等の
情報が掲載されています)昨日より、販売がはじまりました。キャンベルズでも紹介。
赤のスパークリングワインは、オーストラリアやイタリアでは、いろんなタイプの
赤いスパークリングワインが作られていますが、日本では大変珍し商品になります。
b0066067_21543596.jpg
気になるワインの味は…。一言で言うと、新しい味…。ん~わけわからんですよね。
すみません。やや辛口で、樽の香りと、ビターチョコのような香り、干しぶどうの
ような濃い果実の香りも楽しめます。口に含むと、新酒のようなやさしい炭酸、
爽やかな果実味と旨味のある酸味のバランスがよく、タンニンも心地い、アフターには
いつまでも果実味がのこり、次々とグラスを進めてくれます。
昨日、忘年会で食べた都農牛、脂ののった肉料理との相性はバツグン!!
気軽な料理になどにも合わせやすく、幅広く楽しめました!
b0066067_2110486.jpgb0066067_2195579.jpg
素敵なボトルとかっこいい!ラベル。そして、なんともいえない深い濃赤色をした、
泡まで赤い、赤のスパークリングワイン。ホームパーティーや夜のロマンチックな
オトナの時間を演出してくれるコト間違いないし!クリスマス、忘年会、年末年始を
スパークリングの泡といっしょに、ハズムおしゃべりを楽しみましょう!!
ハジケマショウ!!ハジケタイ!!みんなでスパークしましょ♪
b0066067_2110301.jpgb0066067_21174330.jpg
スパークリングワインレッドの購入ご希望の方は、
お電話かメールにてご注文くださいますよう、よろしくお願いいたします。
(有)都農ワイン
TEL : 0983-25-5501
e-mail : tsunowine@town.tsuno.miyazaki.jp
b0066067_2111861.jpgb0066067_21105951.jpg

[PR]
by seiji1996 | 2005-12-23 21:08 | ワイン
初雪、南国宮崎では珍しい、冬至になりました。
すごく冷え込んできたかと思ったら…。都農でも雪が降りました。
昨日の夜から降った雪は、朝起きてみると朝日に照らされワイナリーの丘は、
一面銀世界。とても綺麗な景色でした。こんな雪を見たのは、はじめて。
次第に、畑の様子も気になって、行きたくて、行きたくて…。
農場で見る雪は、また格別です。この10年で、畑に雪が降っている風景を見たのは、
今回で2度目です。また、宮崎平野部で、12月に雪が降る事は大変珍しいです。
b0066067_188622.jpg
b0066067_1881615.jpg

農場では、通路が真っ白。休眠期に入ったぶどうは、この寒さに驚いた?
休眠期に温度が低い事は、ぶどうにとっていいことです。
冬も暖かい宮崎では、休眠に必要な温度が足らない年があるそうです。
しっかり眠って、寒い冬をのりきって!!
b0066067_1882797.jpg

b0066067_18115029.jpg
各地で大雪が降って大変なところもありますので、お気をつけて下さい。
[PR]
by seiji1996 | 2005-12-22 18:08 | 栽培
ぶどうの枝でバーベキューが密かな夢?ぶどうの剪定 年明けから。
スッコーンと抜ける青空、寒くなかったら、こんないい天気は無いですねぇ!
尾鈴山が近くに見え、青い空と山のシルエットが綺麗で、振り向くと海まで真っ青。
朝晩は、-5℃まで下がりましたが、日中は、13℃…。(風は、冷たいですけど)
縁側は、ポカポカ気持ちいいでしょうね。さすが宮崎、暖かい!と聞こえてきそう。
b0066067_1838531.jpgb0066067_1839774.jpg土づくりは、今週中には終わりそうです。その後、1月に入ると剪定がはじまります。
今年の剪定は、短梢剪定という方法で行います。芽を1~2つ残し、残りを切って
いきます。作業性は楽なので、はかどりますが、樹によっては枝の更新もあるので、
1本ずつ見ていかなくてはなりません。
今年は枝の大きさや、枝の締まり方、芽の大きさ、形、例年になく、いい枝振りです。
剪定で枝を切るときの硬さや、芯の大きさ、皮の固さなど、感触を確かめながら、
来年への期待が膨らむ作業でもあります。2月いっぱいまでかかるかな…。
一緒に剪定をしたい方、ご一緒にいかがですか?剪定枝でBBQしましょう!
でも、寒風が吹き付ける中の剪定作業…足がすくみますけど…。
b0066067_1815249.jpg
     澄みきった青空、尾鈴山のシルエット綺麗でした。
b0066067_18153487.jpg
     海まで真っ青。明日も冷え込みそうです。
[PR]
by seiji1996 | 2005-12-18 18:15 | 栽培
芋掘り;寒さに負けない元気なお芋、きっと僕より寒さに強い。
日増しに寒くなってきましたね。宮崎はと沖縄以外は、雪?
鹿児島でも大分でも雪が降るらしいですね。それでも都農の朝晩は、0℃は、
下回っています。結構寒いですよー。朝は、布団が私を離してくれません…。
明日は瓶詰なので、6時出社!ん~・・・考えたくない・・・。
b0066067_20311497.jpg
昨日から芋堀りをしています。ぶどう園の隣の空き地に昨年から植えています。
霜は、何度と無く降りているはずなんですが、芋くんは、元気に土の中で
待ってくれていました。「収穫が遅くなってごめんなさい。」
作業が合わなくて、遅れに遅れてしまいました・・・。
土づくりをしていたこの畑は、病気も少なく、健全な芋が多かったです。
収穫量は、芋の大きさが若干小さかったんですが、
昨年とほぼ同じなりました。3t。焼酎用の原料として明日出荷です。
おいしそうな芋をとっておいて、焼き芋したいなぁ!!
b0066067_20312633.jpg


お芋の様子は、こちらから。
[PR]
by seiji1996 | 2005-12-16 20:32 | 菜園
ぶどう園の朝露、宝石のように綺麗でした。
b0066067_6174071.jpg

     冬草のスズメノカタビラ。土づくりをはじめて、草の種類が変わりました。
     また、土を太陽の紫外線や乾燥、大雨からこの草が守ってくれます。
     初めの頃は、雑草としか見ていなかった草ですが、名前もあるし、役割もある
     事を土づくりを通じて、地元の農家さんに教えてもらいました。
     それにしても、綺麗でした♪

     PENTAX ist DS SIGMA DC 100mm 中央重点 MF
     1/250 F4.5 0.0EV ISO:200 AF:AUTO AWB
[PR]
by seiji1996 | 2005-12-13 23:50 | 葉っぱの会
根を張る かぼちゃ、大地とつながる ネットワーク。
都農も寒い日が続いています…。全国的に、本格的な寒さがきていますね。
今日、地元有機農業研究会の三輪さんとかぼちゃの根を見てみました。
養分を求めて根が張るんじゃなくて、樹が充実しているから根が張れる。そして、
今出ている根は、その次の葉や果実を充実させる為に活動している。充実しているから
次に繋げられる。という事を教えてくださいました。かぼちゃネットワーク(根っとわーく?)
また、かぼちゃの根が節からもたくさん出ているのにも驚きました。
土にささっているくらいだろうと思っていたら、すごい量の根が張っているんです。
そして、部分的に根が出ている部分と、出ていない部分がはっきり分かれています。
果実や花などの着果負担、天候によって、樹が充実しきれていない部分には、
根が無く、また、その時期に追肥が必要だという事も同時に解ります。
b0066067_20111384.jpg

根なだけに奥が深い。三輪さんの説明は、いつもガッテンな事ばかりです。
葉や枝、果実だけ見ていても、土の中を見ないと解らない事がたくさんあるんですね。
一番重要な時期は、苗の時期。苗半作という言葉があるくらいですから…。
今日は、その事を教えてもらいました。
b0066067_20131413.jpgb0066067_20132373.jpg
[PR]
by seiji1996 | 2005-12-11 23:11 | 菜園
土ごと発酵、五感を使って確かめていきます。
連日の快晴と、寒波。布団から出るのがしんどくなる日が続いています。
堆肥の鶏糞を撒いて、1週間が経ち、少しずつ、土が動き始めました。
散布後は、寒い日が続いているので、動きが遅かったのですが、ようやく、
土の菌糸が見えてくるようになりました。もう、鶏糞に臭いはしません。
何と言うか・・・スーットした、山土のような香りがしはじめています。
b0066067_957501.jpg

土ごと発酵というこの技術は、地元有機農業研究会の技術。この菌糸を見
ながら、臭いを嗅ぎ、足で踏み込んだ時の感触、手の感触… 五感を使って、
発酵の様子を確かめていきます。微生物は、温度が高いと、活動が活発に
なるようです。ぶどう生産者のリーダーの玲二さんが11月上旬に撒いていた畑は、
動きが早かったので、気温の影響も大きいんだと感じました。
b0066067_958342.jpgb0066067_9581492.jpg
[PR]
by seiji1996 | 2005-12-08 09:58 | 栽培
無農薬で病気しらず、こんなかぼちゃにわたしもなりたい。
今日で、3日間続けて、霜が降りました。
土をづくりを行い、根の張る環境を作り、樹を健全に充実させる管理ができれば、
病気が減り、農薬が減る。美味しくて、体にいい作物作りは、地元有機農業研究会の
リーダー三輪さんに指導してもらっています。今回、ちょっとだけ植えてみたかぼちゃ。
9月上旬に種を撒いて、約3ヶ月間。とうとう、霜にあわせてしまいました。
でも、霜にやられ方が違うようです。充実している樹は、細胞がしっかりしているので、
葉や枝が、茶色くなり、バリバリにならなくて、しんなりするそうです。
b0066067_15545485.jpgb0066067_155532.jpg
結局、これまで農薬は一度も使わずに、病気にもならず。生育してくれました。
根の張る環境、土づくりの大切さを改めて感じました。
全部が完熟するまでもう少しだったんですが、なんと!収穫量は、40kg!!
直径15cm、2kgの果実が20個収穫できました。
苗は、15本ほどで、2個以上は、摘果したので、本来適期に植えつけていれば、
1.5~2倍くらいは、収穫できたんじゃないかなぁ~とそんな虫のいい話は無いか…。
気になるお味の方は、もう少し先です♪
[PR]
by seiji1996 | 2005-12-06 15:55 | 菜園