都農ワインホームページへ
 都農ワインの情報満載!                   

カテゴリ
栽培
ワイン
都農グルメ
コミュニティー
葉っぱの会
AUSTRALIA
菜園
イタリア
以前の記事
最新のトラックバック
葉水
from ロマネ・コンティの庭
シラー/シラーズ(ブドウ..
from ブログで情報収集!Blog-..
メオ・カミュゼ・リシュブール
from ワイン 資料
シャトー・ラフィット・ロ..
from ワイン 資料
シャトー・ラフィット・ロ..
from ワイン 資料
デュジャック・クロ・サン..
from ワイン関連資料
ミネストローネ
from 最後の晩餐
フォロー中のブログ
リ ン ク
都農ワイン    
ぶどう園の四季(hyakusyou)
田んぼ通信
☆グランド・スラム☆
よし子ちゃんの九州・鹿児島レポート
荻原葡萄園


プロフィール赤尾誠二
1974年
宮崎県児湯郡川南町生まれ
1993年
高鍋農業高校卒業
同年4月
技師として都農町役場に採用
同年4月から
宮崎県食品加工開発研究センター微生物応用科で一年間研修、都農町果実酒醸造研究所にて3年間の試験醸造に携わる
1994年
山梨県のワイナリーで醸造研修
1996年から都農ワイナリーで栽培、醸造に携わる
2000-2001年、カリフォルニア サクラメントで開催されたUnified Wine&Grape Symposiumに出席
2006年2月
日豪交流事業の一環として、日本を代表して、豪ティンタラワイナリーで2ヶ月半の醸造研修



以前の栽培通信はこちらから!

有限会社 都農ワイン
〒889-1201
宮崎県児湯郡都農町大字川北14609-20
電話:0983-25-5501
FAX:0983-25-5502
English Here
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧
シャルドネの粒が少しずつ大きくなりはじめました。
b0066067_18393938.jpgシャルドネの粒の大きさもずいぶん大きくなってきて、緑色が濃くなってきました。
ちょっと心配だったキャップも、赤く乾燥し、風や手でちょっと触るだけで落ちていきます。
このキャップがなかなか取れないでいると、後々そこにカビが生えてきます。
そのカビによって、果実が腐ってしまうこともあります。
充実した開花は、キャップの飛びもいいので、果実が後々腐ることが減ります。

これから、ベレゾーン(果実の水周期)に向けてどんどん養分を蓄えていきます。
地元有機農業研究会の肥培管理がとても重要管理になってきます。


b0066067_1839468.jpg今日も熱々の都農でした~。
日中は、30℃を超えていました。
ビールもいいけど、キリリと冷えたキャンベル・アーリーも食時前にピッタリ。
爽やかな酸味とほんのりとした甘さが、冷えているとたまりません。氷づけのキャンベル。早く冷えてくれ~。

そう、明日は、宮崎市内でブルゴーニュワインの試飲会があります。
あああ楽しみ!!工場長は、会があって出れないとか・・・。頂いてきま~す。

ワインは、都農ワインHPのオンラインショッピングから買えるようになっております。
もし、見れない場合は、メールいただければ、対応いたします。
[PR]
by seiji1996 | 2005-05-31 18:40 | 栽培
真夏日よりの都農から予感。
b0066067_162581.jpg今日は、てげ ぬき~っ!
→ 都農弁でとても あつい!
という意味。
日中の最高気温は、30℃を超えたんじゃないでしょうか。
陰に入ると涼しいんですが、日差しの強さは、夏夏夏。
今日も快晴になり、畑から澄んだ太平洋が見えます。


b0066067_16254672.jpg都農ワインのぶどう園では、ベリーAが先週満開。カベルネは、5割咲。潮は、あまり良くなかったのですが、これまでに無い、充実した開花です。
今年は、台風さえ来なければ、ビックビンテージの予感が・・・。
カベルネの葉の様子を上から撮ってみました。
葉のコンパクトさ色、艶、葉の立ち方が良くわかります。

b0066067_16264155.jpgb0066067_16292225.jpg
[PR]
by seiji1996 | 2005-05-30 16:30 | 栽培
ワインの評価、都農ワイン キャンベルとシャルドネ
都農ワインのホームページで紹介させていただきました。
ワインリポート2005 アジアランキング入り!!
都農ワインファンの皆様、地元産100%で食用のキャンベルを使った、
ワインづくりをしている都農ワイン、都農町でぶどうを生産されている農家さん、
都農町、都農に携わる皆さんにとって、大変嬉しい評価です。

ワインの評価をしたのは、著者のトムスティーブソンさんとデニスガスティンさん。
プロの評価として、都農ワインが評価された事は、本当にすごいです。
これも、都農ワインを支えて頂いている皆様のお陰です。本当に有難うございます。

キャンベルの評価と聞くといつも思い出す人がいます。通称:パラサイト。
彼が、ワイン専門家として都農ワインのキャンベルを最初に評価してくれたんです。
食用のぶどうで作るワインと正面から向き合い、ワインとして評価してくれました。

彼との出会いは、都農ワインがオープンした翌年くらいでしょうか。
宮崎大学の教育学部の生徒だった彼は、無謀にも、都農ワインをテーマにした
卒論を書きたいと、都農ワインへやってきたのです。
彼は、大学に入り、不順な動機でワインを飲み始め(ワインで口説けると思って
いたらしい)、いつの間にか、ワインの道へどっぷりとつかりこんでしまい、
ワインエキスパートの資格までもゲット。

卒論を書くのに、1シーズン(8月~9月くらい)、仕込みの手伝いに来ました。
彼のイメージしていた、華やかなワイン作りとは裏腹に、仕込みは、戦場。
長靴をはいて、ぶどうの粕まみれ、水浸し、醸造中心の作業になるので、
深夜まで作業が続くことも。そして、あつかう器具道具は重い。
彼がフラフラしていたのを思い出します。

その後、ワインへの道と教師への道でかなり悩んだあげく、教師の道を選択。
平成14年、晴れて教師となり、頑張っています。
風の便りによると、学校で小学生相手にワインの話をしているとか・・・。

しかし、彼の鼻はすごかった。そして、歯に衣を着せないコメントも有難かった。
彼の鼻は、犬のように鋭く、感性も豊か。そして、表現力、文章力もすごい。
今でも新酒の瓶詰が終わると、彼に送ってコメントをもらってます。
都農ワインのキャンベル・アーリーを最初に評価してくれたのは、彼でした。
b0066067_1432827.jpg
[PR]
by seiji1996 | 2005-05-29 14:31 | ワイン
今日は、房整理です。
b0066067_18475238.jpg
今日は、ムシムシする天気になりました。
明日は、予報どおり、雨が降りそう。
入道雲っぽい雲が尾鈴山から覆ってきました。
b0066067_18482435.jpg
今日は、玲二さんに来て頂き、房整理の指導をして頂きました。

ワイン用ぶどうだから、食用ぶどうだから、にとらわれず、
ぶどうの様子を見て、適期作業をしていく。

仕立て方、剪定、芽かき、誘引、房整理・・・ 今年は、作業の要所で玲二さんに甘えて、来て見てもらっています。
今日は、場所的な条件や房の様子、枝の様子をふまえて、房整理の指導をして頂きました。

不適地といわれたここ都農で、産地を築いた尾鈴ぶどうの技術力は、
本当にすごいと思います。玲二さんたちぶどう生産者の長年の経験をもとに
アドバイスを頂けて、本当にいい経験になります。
お陰で今年は、今までにない順調な生育を維持しています。
またよろしくです。玲二さん。
[PR]
by seiji1996 | 2005-05-27 18:51 | 栽培
いい花が咲きますように。
今日も都農は、快晴が続いています。風が気持ちがいい。
山の緑も一期に緑色が増し、葉がツヤツヤ輝いています。

b0066067_1742763.jpg農場で作業をしている愛子さんが、休憩中、家から持ってきた
”マツバギク”を見せてくれました。花は終わったばかりですが、
挿木にすれば、来年花が咲くそうです。
ワイナリーの空いている花壇にどうですか。と車にいっぱい持ってきてくださいました。
休憩中女性人の出際のよさで、なんとか、切り終わり、お昼休みに借植えを畑の隅でやる事にしました。
b0066067_1752738.jpg有難うございます。愛子さん。来年の花が楽しみです~。

今日は、枝だし作業。誘引した枝は、しばらく横へ伸びます。
そして、ある程度伸びたら、下がってきます。
誘引した枝が、ビニールの内側に沿って伸びたり、
隣の枝に絡まっている枝をほどいたり、下ろしたりしていきます。
b0066067_1793841.jpg
[PR]
by seiji1996 | 2005-05-26 17:10 | コミュニティー
気持ちがいい天気になりました。
ご無沙汰しております。
アップが滞ってスミマセン。
今日の都農は、夏日より。朝晩は寒いですけど・・・。
初夏を思わせる気候。本当に暑くなってきましたね。
ビールがうまい!?季節に突入か!?ちがう!!
キリリと冷やしたスパークリングワインがうまい季節になりましたね。
キャンプして、バーベキューにピッタリのスパーク。
今年こそ、キャンプしたいな~。
b0066067_917839.jpgb0066067_9153276.jpg
ところで、シャルドネも満開を過ぎ、粒が少しずつ大きくなってきました。
現在2㎜。枝の色も赤く、硬くなってきました。わき芽も伸びていましたが、ここへきて、わき芽の伸長が目立たなくなってきました。
生長点が落ちて、伸長を止めているわき芽もあります。
若干、キャップの残りが気になりますが、しばらく、要観察。
b0066067_91415.jpg
[PR]
by seiji1996 | 2005-05-25 09:17 | 栽培
カベルネの誘引はじまりました
今日も暑い日が続く都農。
日差しの強さもここ数日格段に強くなりました。
夜の気温もちょっと高くなり、清々しさと暑さとが両方。
b0066067_1943199.jpg
ベリーAの摘房も終わり、カベルネの誘引が始まりました。
シャルドネもでしたが、カベルネも昨年までとすると枝振りが違います。
じっくりじっくり伸長しています。伸びた年からすると2/3程度の枝の長さ。
枝が徒長していなく、充実しているように見えます。

b0066067_19434487.jpg
この数日、身が入ったような色の変化や節々の力コブは、初めて見ます。
全体でみると多少バラツキがありますが、今後の作業も良く観察しながら
進めていかなければなりません。

b0066067_1944228.jpgシャルドネの開花も5耕区は、昨日満開。他園では少し遅れています。
咲き始めたのも遅かったのですが、ここ数日で、一期に咲きそう。
[PR]
by seiji1996 | 2005-05-20 19:44 | 栽培
久しぶりの雨の中、シャルドネの開花。
今日は、朝から雲行きが怪しい。ホント予報どおり!
9時くらいからパラパラと降り始めお昼頃まで強く振りました。
夕方には上がり、蒸し暑くなりました。
b0066067_16224142.jpgb0066067_1623222.jpg
雨の中、シャルドネの一部の畑では、満開間近。
5耕区では、9割咲きくらいになり、明日には、満開になるでしょう。
シャルドネの他の園では、4割咲きくらい。
3日後くらいには満開になるでしょう。いい時期に満開を向かえそうです。
b0066067_16233852.jpg
開花の時に注意して見る部分があります。
それは、“キャップ”です。
飛び方や残っているキャップの色が、開花時の房充実のバロメータ。5耕区は、ちょっと弱い感じがしますが、他園は、もっと良さそうです。
一足早い満開の房(写真左)

b0066067_1624350.jpg
※“キャップ”は、
粒の花粉を包んでいる
部分です。
[PR]
by seiji1996 | 2005-05-18 16:27 | 栽培
勢い良く咲いています。
今日も暑い一日になりました。
b0066067_7111098.jpg
シャルドネの開花は、
一部の畑で、開花率が7割咲。

その他のシャルドネの園は、
3割咲です。(写真下)

畑に近づくだけで花の香りが、香ります。
明日から天気が下り坂。
毎年、シャルドネの開花時は、
雨が降ります。
b0066067_7113339.jpg


b0066067_712354.jpg今日から、ベリーA の摘果作業開始です。
朝一番に礼二さんに来ていただき、
指導していただきました。
大きさが揃うように、目慣らしし、
作業を始めました。

[PR]
by seiji1996 | 2005-05-17 23:50 | 栽培
シャルドネの誘引作業つづく?
今日も青空が広がりいい天気になりました。
日中は暑い。日差し強し。頭皮が痛い。

農場では今日からシャルドネの誘引作業の2回目。
b0066067_2122027.jpgぶどう栽培の中で、この誘引作業が遅れると、後の作業も遅れる…。と思い、早めにスタートしましたが、ちょっと早い?
悩みどころです。

ベリーAの摘房、摘果を先にしようか、ツル出しをしようか、
ということで、休憩中の皆さんに相談です。
誘引とツル出しは、ちょいと早いということになり、明日からベリーAの摘房、摘果をする事にしました。結局悩んでいるのは、私だけでした…。

b0066067_2125371.jpgシャルドネの開花も順調です。現在2分咲き。一期に咲きそう。
今咲いている花は、ちょっと黄色見が強く、香りも強くなってきた。

ぶどうの花って地味な花ですが、一粒一粒咲く花は、見飽きませんね~。
[PR]
by seiji1996 | 2005-05-16 21:05 | 栽培