都農ワインホームページへ
 都農ワインの情報満載!                   

カテゴリ
栽培
ワイン
都農グルメ
コミュニティー
葉っぱの会
AUSTRALIA
菜園
イタリア
以前の記事
最新のトラックバック
葉水
from ロマネ・コンティの庭
シラー/シラーズ(ブドウ..
from ブログで情報収集!Blog-..
メオ・カミュゼ・リシュブール
from ワイン 資料
シャトー・ラフィット・ロ..
from ワイン 資料
シャトー・ラフィット・ロ..
from ワイン 資料
デュジャック・クロ・サン..
from ワイン関連資料
ミネストローネ
from 最後の晩餐
フォロー中のブログ
リ ン ク
都農ワイン    
ぶどう園の四季(hyakusyou)
田んぼ通信
☆グランド・スラム☆
よし子ちゃんの九州・鹿児島レポート
荻原葡萄園


プロフィール赤尾誠二
1974年
宮崎県児湯郡川南町生まれ
1993年
高鍋農業高校卒業
同年4月
技師として都農町役場に採用
同年4月から
宮崎県食品加工開発研究センター微生物応用科で一年間研修、都農町果実酒醸造研究所にて3年間の試験醸造に携わる
1994年
山梨県のワイナリーで醸造研修
1996年から都農ワイナリーで栽培、醸造に携わる
2000-2001年、カリフォルニア サクラメントで開催されたUnified Wine&Grape Symposiumに出席
2006年2月
日豪交流事業の一環として、日本を代表して、豪ティンタラワイナリーで2ヶ月半の醸造研修



以前の栽培通信はこちらから!

有限会社 都農ワイン
〒889-1201
宮崎県児湯郡都農町大字川北14609-20
電話:0983-25-5501
FAX:0983-25-5502
English Here
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:栽培( 157 )
てんとう虫のサンバ、春ですね。
今日も快晴が広がる都農。ぶどう園は、昨日で芽かぎが終了しました。
連休に入る前に終わることができてよかった…。
b0066067_14121176.jpg

でもぶどうには、当たり前ですが休みはないので、作業が何とか追いつき、
ホットしているところです。後は、株周りの草がずいぶん伸びてきたので、
草刈も進めなければなりません。
月曜日は、カベルネの芽かぎ作業に入ります。「芽かぎは、早いうちにしたほうが
後々いい結果が出るよ」とよく言われるので、適時の作業が必要です。
b0066067_14122245.jpgb0066067_14123276.jpg
毎年見るてんとう虫ですが、今年は、何故か黒いてんとう虫が多いようです。
ぶどうを食べたり、何かをするわけではないのですが、かわいいですよね♪
特にクモが苦手な私は、オーストラリアでいくつかの昆虫との出会いましたが、
やっぱりクモはだめでした。
[PR]
by seiji1996 | 2006-04-28 14:12 | 栽培
宮崎地鶏、エビチリとの相性のいいマスカット・ベリーA。いいっすよ。
何かと慌しい日が続いています・・・。農場では芽かぎ作業をしています。
b0066067_6354161.jpg

今日は、日の出と共に全園の葉面散布をしました。今年は、特にマスカット・ベリーAがいい生育をしています。4,5年前は、樹の改植を考えていたのですが、地元有機農業研究会の土づくりに取組み始め、そして、ぶどう生産者の整枝剪定によって、毎年、ぐんぐん回復してきています。改植も計画的にやっていきますが、この回復には、驚きます。
葉の色や形、節の長さや枝の色、房の形大きさ、成長点の色…。いい表情です。
b0066067_6361994.jpg

ワインは、今販売している、2005年マスカット・ベリーA エステートになります。
この3年、8月末か9月上旬に台風が直撃しています。完熟までもう少しの所で、収穫しなければなりませんでした。もう少しと言っても、1週間~10日間くらいのものですが、全然味わいが違います。しかし、土づくりや、整枝剪定に力を入れるようになって、熟期も少し早まり、味わいも豊かになってきています。2005年のマスカット・ベリーA エステーとは、この4年間で一番いい品質だと思います。もちろん、工場長の醸造技術が素晴らしいんです。瓶詰して今、2.5ヶ月経ちましたが、酸味やタンニンが徐々に丸くなり、飲み応えのあるワインにはりはじめています。
地鶏の炭火焼に少し生姜やニンニクのすった物をかけた地鶏の炭火焼、フレッシュトマトで爽やかにつくるちょっとスパイシーなエビチリとの相性はとてもGoodです。
是非試してみてください♪1年くらいまでいろんな変化を見せそうな、ワインです。
b0066067_6365739.jpg
そう、今朝、ティンタラワイナリーで働く、サシャさんからメールを頂きました。
ヴィンテージが終わったそうです。写真を送ってくれるとの事だったので楽しみ♪
何とか頑張って、返事を書きました。この数日、英語の受信メールが増えてきました…。
[PR]
by seiji1996 | 2006-04-25 23:56 | 栽培
ぶどう園との再会とワインのティスティング。ぶどうとワインと・・・
帰ってきました!!
家族や都農ワインを支えて下さる人々との久しぶりの再会でした。
特に家族との再会は嬉しかったです。家族の有難さを感じました。
都農へ帰ってどうしてもしたかった事は、まず、ぶどう園の確認と都農ワインのティスティングでした。宮崎空港に着いてから、そのままぶどう園に直行!道中の景色を見て、日本の春は素晴らしく気持ちがいいものだと感じました。新緑の若々しく艶のある淡い緑色をした葉、色鮮やかな花は、とても気持ちがいいものですね。
b0066067_21585245.jpg

そして、ぶどう園では、現在、ビニール被服が行われています。雨が多かったので、遅れ気味の作業になっていますが、仕方がありません。ぶどうを見ていると、2ヶ月は、2ヶ月です。葉が4から5枚展開していて、ビックリというか自然は自然のリズムで生育しているのですから当たり前ですが、早いですね。順調に生育しています。そして、この1週間ほどの管理がとても大事になってきます。これまで、園管理を一手に任せていた雄二さん。できる限りのスケジュールを作って、オーストラリアに向かったのですが、やっぱりいろんなことがあったそうです。でも、雄二さんは、お陰で貴重な経験ができたと、言ってくださいました。本当に有難うございます。
b0066067_2201739.jpgb0066067_2203320.jpg
b0066067_2159512.jpg

夕方、今販売している都農ワインのティスティングをすべてしてみました。
というのも、オーストラリアで、一日100本ほどのワインをティスティングしてきたので、新しい感覚でティスティングできると思ったからです。集中してやってみました。
ワインを官能的にうまく表現できないのですが、キャンベルのロゼワインは、とても安心できる好きな香りで、桃のニュアンスとイチゴの香りがグラスから立ち上って、ほのかな甘味と爽やかな酸味がいいなと思いました。そして、今販売しているシャルドネ。実は、これが一番気になっていました。何故かと言うと、都農ワインの瓶詰までの作業は、これまでの10年間どのワインも瓶詰を工場長と一緒にしてきたからです。一度もいなかったことが無かったのです。工程を通じて、想像できる香りと味の要素があります。そのイメージがつかめないままティスティングしたので、新鮮でした。
2005年のシャルドネは、面白いワインです。きっと、時の魔法によって、みるみる変化すると思います。オーストラリアのワインとは、スタイルが違うのですが、とっても飲み応えのあるワインです。瓶詰しておよそ1月、ずいぶん味も香もしっかりしていました。青リンゴや洋ナシのような香りと味わい深い酸味、美味しかったです。都農ワインのシャルドネは、時間と共にじっくり変化していきますので、とても楽しみです。

b0066067_21592784.jpgb0066067_21593872.jpg
この下駄は、農場用の物です。アイデア物ですよね。発泡スチロールでできた軽いもので、高い棚の作業には、バッチグーのアイテムです。
[PR]
by seiji1996 | 2006-04-25 22:00 | 栽培
カベルネの剪定開始。硬い枝、締まった枝、充実してます!
今日は、ものすごく寒い朝でした。7時半頃でも-2℃!
今日から剪定を再開。シャルドネが終わり、カベルネの剪定に入りました。
b0066067_17392927.jpgb0066067_1739441.jpg








b0066067_17401620.jpg
枝が硬く、樹が充実しています。ぶどう生産者の先輩から、「枝が硬いといことは、木目が細かく、細胞が充実しているので、その年のぶどうの生育は、とても良い」と聞きます。
芽と芽の間(節)を口に加えて吹くと、その息の通り方で木目の細かさが体感できます。息の通りにくいこと!!そして、芯の太さの大小によっても充実の仕方が解ります。緑色の肉の部分が多く、芯が細い枝は、その年よい生育をします。
おもしろいですよね。「今年は、充実していていいぞ!!」といつも言っていますが…。
ホント、今年はいい枝ですよ。充実している枝です。2006年、楽しみです!

今日、私がいない間の農場管理の打ち合わせをしました。2月13日~4月いっぱいまでの作業の内容と管理ポイントをぶどう生産者の玲二さん、地元有機農業研究会の三輪さん、うちの園の管理を仕切っている雄二さん。想像できる限りの資料を作ってのミーティング。
葉が展開し始める4月の管理は、ぶどう栽培の一年の中で、一年を左右する最も重要な時期です。資料を揃えるのは大変でしたけど、いいミーティングができました。

枝の断面が気になる方は、こちらから・・・。
[PR]
by seiji1996 | 2006-02-09 17:41 | 栽培
剪定が終り、すっきり。来週販売のシャルドネもすっきり、爽やか!
昨日からお天気回復。今週は、雨の多い週でした。
シャルドネの剪定は、もう少し。あんなにあった枝もすっきりしました。
散髪に行ったみたいに、すっきりです。しばらく行っていないなぁ散髪…。
b0066067_14141542.jpgb0066067_14191560.jpg
今週の剪定は、一時お休みで、来週の販売に向けた製品作りをしています。
来週末、2月11日から販売が始まる、シャルドネ アンウッディッドと
マスカット・ベリーA エステートの製品作り
今年は、両製品とも、昨年よりも果実の凝縮感があり、いい仕上がりの
ワインになっています。台風前に収穫を何とか終えた、ベリーA エステートは、
完熟までもう一歩でしたが、なんとも深い色合いのワインになりました。
ホント、工場長の技術力は凄い!味わいは、複雑でじっくり楽しめるワインです。
シャルドネは、香りが強くライムのような爽やかな香り、グレープフルーツのような
香りが私は好きです。ほんのり甘く、口当たりがいいので、とっても飲みやすいです。
この数年で、ぶどうの出来が一番よかったシャルドネは、工場長の醸造によって、
素晴らしいワインになりました。オススメワインです♪

オンラインショッピングは、こちらから。
[PR]
by seiji1996 | 2006-02-03 14:17 | 栽培
歴史を感じるぶどう生産者の剪定技術は、すごいっすね。
ぶどう生産者の皆さんが剪定の加勢に来てくれました。
都農のぶどう栽培の歴史は、約60年になります。都農の
ぶどう生産者は、毎年来る台風や長雨に立ち向かいながら、
ぶどうの産地を築いてきました。すばらしい剪定技術を持っている、
都農ワインを支えている皆さんです。
今日は、特に難しい品種の剪定をしていただきました。十人十色、ぶどうも
1本ずつ違います。丁寧に枝選びをしていただきました。
予定より、ずいぶんはかどりました。有難うございます♪
今回は、後継者の若いぶどう生産者も4名ほど参加、一緒に悩みながらの剪定…。
本当にややこしく、悩める剪定でした。そんな中、ベテラン生産者は、間違いなく、
私の倍以上のスピードで剪定をしていました。さすがプロですね。すごいっす。
b0066067_20433165.jpgb0066067_20435316.jpg
b0066067_20441387.jpgb0066067_20443427.jpg
[PR]
by seiji1996 | 2006-01-30 20:44 | 栽培
元気な果樹指導員の元気な剪定。また来てくださいね。
今日は、宮崎県の普及センター、農政水産部、果樹関係の指導員の方が
ぶどうの剪定に来てくださいました。都農担当の普及センター指導員の方
玲二さんが声を掛けてくださり、今日の日が実現しました。
県内でワイン専用品種を栽培しているところはあまりないので、実務研修として、
都農ワインのワイン専用品種の剪定に1日参加。
県内各地で、営農指導、技術指導をしている皆さん、
さすが!剪定鋏がとてもお似合い! 
しかも、口も手も元気な皆さん…。ホント元気でした。
大きな声でしゃべりながら、元気に剪定をしている人を私は、はじめてみました…。
b0066067_20225990.jpg

10数年前の都農ワインができる頃、このぶどう園で植付けや仕立て方など、一緒に
取組んでいた方が来ていたんですが、「ずいぶん改良してきたんだね、そう、あれから
10年か…」と私の髪を見ながら、しんみりうなずいているんです…。うなずかないで!!
「今度は、収穫時に来たいなぁ~」と言いながら、元気に帰っていきました。
b0066067_20231727.jpgb0066067_20232825.jpg
[PR]
by seiji1996 | 2006-01-27 20:23 | 栽培
シラーとマスカット・ベリーAの剪定。切り口でわかる枝の充実度合。
今日も寒いですが、今週は、ずっとお天気マーク!剪定もはかどりそうです。
スタッフの皆さんと玲二さんが朝から剪定をはじめています。
今日は、シラーとマスカット・ベリーAの剪定。
枝を切り落とした後の様子を見ていると…。
例年に比べて芯が細く、緑色の部分の木目が細かく、色も濃い。
この表情は、枝が充実しいるかの目安になります。そして、特にこの数年維持しています。
台風で葉が飛ぶものの、その前の管理によって得られたものだと感じています。
土づくりに取り組み始めて、変わったことのひとつでもあります。
逆にこの表情が、芯が太く、緑色の部分の木目が粗く、薄いとその年の生育は、
悪いようです。この事は、地元のぶどう農家さんに教えて頂きました。
節のない切った枝を口でくわえて息を通すと、木目の細かさ、太さが顕著に
わかるんです!今年の様子からすると、2006年もよい生育をしてくれそうな…。
b0066067_16335629.jpg
シラーの様子です。芯が細くて驚きました。
b0066067_16342754.jpg
2芽残して、短梢剪定をしていきます。
b0066067_16344121.jpg
海の見えるぶどう園。景色は最高!風は強いですけど…。
[PR]
by seiji1996 | 2006-01-25 16:35 | 栽培
スタイルがいい枝振り。見惚れちゃいます…。
うぉ~!久しぶりに快晴になり、雲ひとつ無い青空が広がり、気持ちいい!!
雨の後は、山が近くに見えるんですよね。都農の山、尾鈴山に、真っ白な雪が
積もっているのが、間近に見える感じです。
b0066067_11242364.jpg

明日から、剪定も再開できそうです。今年の枝振りを見ていると、
シャルドネの枝色は、白く、カベルネなどの赤い品種の枝色は、
赤い色をしています。白い品種でも赤い枝色があるみたいですが…。
そして、枝が締まっているように見えます。何と言うか、芽がプリッと
していて、節の間の枝が細く締まっている。それから、節間も短く、枝も硬い。
ん~なかなかスタイルがいい…。今春、どんな芽が出てくるのか、楽しみです。
b0066067_11244071.jpgb0066067_11245027.jpg
左:シャルドネの枝振り。右:カベルネの枝振り。b0066067_1125747.jpgb0066067_11251815.jpg
左:シャルドネは、枝色は白く、右のカベルネは、枝色が赤い。
[PR]
by seiji1996 | 2006-01-22 11:25 | 栽培
ぶどうの剪定がちょっと遅れ気味。目標は、1月いっぱい!
雨雨雨…ここのところ、ずっと雨が続いています。
福岡の友人が、今夜は雪が降るかもと言っていましたが、宮崎でも
昨晩から冷え込んできました。そう、今日は、大寒ですね。

剪定は、休みにしています。月曜日だけ剪定ができましたが、その後は、雨。
来週末、県の職員の方が剪定の手伝いに来てくださると連絡がありました。
玲二さんやぶどう生産者の皆さんがその次の週に手伝いにきてくださいます。
何とか、今月末までに目処を立てたいものです。
週末は、ぶどうの枝でBBQできるかな?枝が湿っているから厳しいかも。
ぶどう枝のBBQと赤スパを密かな楽しみにしています…。
b0066067_18141782.jpg

[PR]
by seiji1996 | 2006-01-20 18:14 | 栽培