都農ワインホームページへ
 都農ワインの情報満載!                   

カテゴリ
栽培
ワイン
都農グルメ
コミュニティー
葉っぱの会
AUSTRALIA
菜園
イタリア
以前の記事
最新のトラックバック
葉水
from ロマネ・コンティの庭
シラー/シラーズ(ブドウ..
from ブログで情報収集!Blog-..
メオ・カミュゼ・リシュブール
from ワイン 資料
シャトー・ラフィット・ロ..
from ワイン 資料
シャトー・ラフィット・ロ..
from ワイン 資料
デュジャック・クロ・サン..
from ワイン関連資料
ミネストローネ
from 最後の晩餐
フォロー中のブログ
リ ン ク
都農ワイン    
ぶどう園の四季(hyakusyou)
田んぼ通信
☆グランド・スラム☆
よし子ちゃんの九州・鹿児島レポート
荻原葡萄園


プロフィール赤尾誠二
1974年
宮崎県児湯郡川南町生まれ
1993年
高鍋農業高校卒業
同年4月
技師として都農町役場に採用
同年4月から
宮崎県食品加工開発研究センター微生物応用科で一年間研修、都農町果実酒醸造研究所にて3年間の試験醸造に携わる
1994年
山梨県のワイナリーで醸造研修
1996年から都農ワイナリーで栽培、醸造に携わる
2000-2001年、カリフォルニア サクラメントで開催されたUnified Wine&Grape Symposiumに出席
2006年2月
日豪交流事業の一環として、日本を代表して、豪ティンタラワイナリーで2ヶ月半の醸造研修



以前の栽培通信はこちらから!

有限会社 都農ワイン
〒889-1201
宮崎県児湯郡都農町大字川北14609-20
電話:0983-25-5501
FAX:0983-25-5502
English Here
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:栽培( 157 )
誘引、房作り、ツル出し。やっと追いつきました。
明日で、マスカット・ベリーAの誘引作業が終わりそうです。
b0066067_20593852.jpgb0066067_20595096.jpg
これで誘引は、一通り終わりになります。猫の手も借りたい…。
近くのワンちゃんが農園に遊びに来ていましたが手伝ってくれませんでした。でもかわいい。
シャルドネが2.5ha、シラー、カベルネが1.0ha、ベリーAが0.8ha。
年間およそ40~50tのぶどうを収穫しています。6人で切り盛りしていますが、
今年は、春先からの雨の影響で作業が遅れ、その分ずっと遅れてきました。
私も朝の葉面散布はできるだけやっています。
長い誘引でしたけど、目処が立ちました。と言っても、
この後は、房作り、ツル出し作業が待っていますが一段落です。
b0066067_2101545.jpgb0066067_2102881.jpg
b0066067_2104450.jpgカベルネ・ソービニヨン、マスカット・ベリーA、ズッキーニ・・・。今週は、開花のオンパレード!! いろんな花が咲きました。
カベルネ・ソービニヨン、マスカット・ベリーAは、もう少し先かと思っていたら、数日前から、ちらほらと咲き始めこの数日、一期に咲き始めました。
今日は、天気もよく過ごしやすい一日でした。今週は、傘マークが少ないようです。
[PR]
by seiji1996 | 2006-05-24 21:00 | 栽培
第1ステージ突破。シャルドネの開花、満開宣言!!
シャルドネが満開となりました。予想通り!!昨年と同じくらいの開花日になりました。
b0066067_1875227.jpg
開花期間中とその後に気をつけて見ているのが、キャップの飛び方です。
このキャップの飛びが悪いとそのまま房にキャップが残り、そこにカビが生えます。
そのカビが増えると結実せずに流れてしまいます。カビが悪いわけではないし、
天気が悪者ではないので、キャップの飛びが良くなるように、その前の管理が重要に
なってきます。土作りを行い、土壌団粒を作ります。そこにぶどうの根が張り、
開花に必要な養分を供給していきます。そして、侮れないのが、適時の作業。
誘引も開花前に終わらせる事が大事です。充実した開花は、キャップの飛びがよい。
雨の多い梅雨時期の宮崎では、大きな目安となります。
b0066067_1885541.jpg
萌芽期、開花期、結実期、ベレゾーン期、収穫期、落葉期…。
いろんな生育ステージに分けて、生育状況を見ていますが、中でも、
ぶどうの開花は、ぶどうの生育期間中で最も大事な時期です。
キャップの飛びがよさそうで良かった…。雨が多かったですもんね。
シャルドネの開花は、クリアー。第1ステージ突破!?です!!

ぶどうの花は、綺麗です!!
[PR]
by seiji1996 | 2006-05-22 18:08 | 栽培
梅雨真最中、水はたくさんあるけど脱水症状?
まだ、梅雨入りはしていませんが、雨ばかりが続いています…。
オテントサマを見ないと、気持ちも晴れないですよね。
誘引作業を引続きやっていますが、カッパを着ての作業になります。
カッパの中では以外と汗をかいてしまいます。以前、それで、脱水症状の
ようになって、病院に行った農場スタッフがいました。こわいですよね。
雨が降っていても水分補給は大事です。
b0066067_12395276.jpgb0066067_1240395.jpg
シャルドネの誘引が今日で終わりそうです。遅れ気味だったので、ホットします。
残りは、カベルネ・ソービニヨンとマスカット・ベリーAです。
b0066067_1240507.jpgb0066067_1241473.jpg
梅雨の中、ぶどうの開花を向かえます。これだけ雨が多いと、
ちょっと心配になります。来週くらいが丁度満開になりそうです。
[PR]
by seiji1996 | 2006-05-18 12:41 | 栽培
根は土に生えるだけではありません。枝からも出るんです。
湿度の高い年に良く見かける枝から出る根、"気根"。今年は、早く見かけます。
雲の中にぶどう園があるような日が続くと空中湿度が高くなるので、
気根が発生するようです。手で触ってみると、土のような香りがするんですよ。
ホント、根っこだなぁと思います。空に向かっては伸びませんが、空中根っこ。
b0066067_18402915.jpg

これだけ湿度が高いと、ぶどうの開花も心配です。開花のとき、花粉に
カビが発生すると、受粉できずに花が流れることがあるからです。
花粉の色や香りを目安にしています。色が黄色く、香りが強いと、
湿度が高くても病気になりにくいです。その為に、土作りと肥培管理をして
充実した開花を目指していきます。
今日も雨です。梅雨入り近いですね。
[PR]
by seiji1996 | 2006-05-16 18:42 | 栽培
花、ぶどう一粒の花。綺麗です。
早いところで、ぶどうの開花がはじまりました。
全体の1%もいっていないくらいの割合ですが、一部開花です。
b0066067_0191429.jpg

今日は、葉面散布をしました。全部の園を一列ずつ通りますので、
各園の様子を見ることができました。4haで、3時間くらいかかります。
誘引作業に追われていて、しばらくは、私が葉面散布をします。明日も・・・。
若干、誘引が遅れていて、猫の手も借りたいほどです・・・。
春先の天候不順によって、作業が遅れた分がそのままずれ込んだ感じです。
再来週には目処が立ちそうです。適時の作業がベストなので、きがきではないん
ですが、頑張りどころです。スタッフの手際も良く、一園ずつこなしていきます。

一部の園の一部で、開花がはじまっていました。
ぶどうは、一粒ずつ花が咲きます。
アップで見ると綺麗ですが、パッと見ると地味?
漂白剤にも似たような香りが所々でただよっています。
受粉して、一時肥大に入ります。楽しみです。

この10日間ほど雨ばかりで、湿度が96%の日が続きましたが、
何とか病気にもならず、順調に育っています。
[PR]
by seiji1996 | 2006-05-15 23:47 | 栽培
梅雨入り?霧の中のぶどうの誘引作業、遅れないようにしないと。
今日もぐずついている都農の空模様。梅雨入は、まだですが、梅雨のような
天気が続いています。今日の農場は、雲の中??というような状態。
霧によって、先が見えないような朝でした。もうすぐ、梅雨入りするんですかね。
b0066067_1722441.jpgb0066067_17225533.jpg
農場スタッフは、雨の中、誘引作業をしています。
今日は、シャルドネの誘引作業。この2週間は、驚くように枝が伸びたように
感じましたが、例年通り、順調に生育はしています。
誘引は、今がピークです。枝を横に倒して、テープで固定していきます。
1列40mで、15cm感覚で芽が出ていますから266の枝になります。
それを1人で、1日8列、320mで2,133の枝を固定することになります。
気が遠くなるような作業ですね。この横に寝かせる仕立て方は、地元の生産者が
やっている方法です。この方法に変えて、みるみる結果がよくなってきました。
もちろん、土づくりをして、根の張る環境を整えていくことが1番大事です。
b0066067_17232599.jpgb0066067_17234377.jpg
あと2週間くらい、誘引作業に追われます。でも、以前の垣根式の栽培より、
労力も削減できて、ぶどうの結果もいい、仕立て方です。
b0066067_172475.jpgb0066067_17242032.jpg
右:カベルネ・ソービニヨンの房の様子です。房先が立ち上がってきました。
[PR]
by seiji1996 | 2006-05-13 17:25 | 栽培
シャルドネの房作り、誘引をはじめました。よりより品質を目指して。
いい雨になりました?天気が良かったGWから一変、この数日の空模様は
梅雨を思わせます。今週は、大陸からの前線の影響で、雨が多くなりそうです。
野菜畑の土がとても乾燥していたので、この雨は、恵みの雨です。元気が出てきました。
b0066067_10404960.jpg

農園では、シャルドネの房作り、誘引をはじめました。
枝によっては、3房、4房と房を持っている枝があり、その房を2房、1房にする
ために落としていきます。また房の肩を落とす作業も同時に進めています。
b0066067_10403619.jpg

着果負担を制限することは、とても重要ですが、その前の土作が一番大事です。
どうしても、樹、ぶどうばかりをみて、「あーだ、こーだ」と言ってしましますが、
「根の張る環境を整えた上で、ぶどうを見ていくべきだ」と地元有機農業研究会の
皆さんに教えていただきました。今年は、よりより品質のぶどう作りを目指すために
着果負担を制限してみます。正直、もったいない・・・と言う気持ちを強く感じ
ますが、でも、やってみたい事でもありました。開花、肥大と楽しみです。
b0066067_1040078.jpg

[PR]
by seiji1996 | 2006-05-09 10:41 | 栽培
ぶどう園もワイナリーも活気が出てきました。
ワイナリーも連休に入り、賑わってきました。ゴールデンウィークは、里帰りの家族連れ、ちょっと遠出をしてワイナリーへ行こう!大分、鹿児島、福岡、佐賀、熊本…。から多くのお客さんもお見えになっていました。今日は、都農町出身の宮田若菜さんたちによる ちんどん屋“花ふぶき一座”の皆さんがワイナリーでライブを行い、お客さんと一緒に盛り上がって楽しんでいました。有難うございます。
b0066067_8303327.jpg

午前中、シャルドネの様子を見てきました。
ぶどうの葉色が変わってきました。この数日で一番濃く感じます。そして、成長点が白っぽく見えました。淡い緑から、濃い緑へ。葉が本葉になってきているようです。
葉の大きさも今年は、コンパクトで厚みがあります。今日は、地元有機農業研究会のリーダー三輪 晋さん、工場長と園周りをしました。シラーズやカベルネの生育が順調で、特に、葉がコンパクトなのを見て、「今後が楽しみだ」と言ってくださいました。
これからの管理について話して、数園を見て回りました。毎年、いい!と言っていますが、年々少しずつ良くなっているんです。シラーズ、カベルネ。今後の生育が楽しみです。
b0066067_8304679.jpgb0066067_8305573.jpg
房の大きさが6cmになりました。この数日で、2cmくらい伸びました。
[PR]
by seiji1996 | 2006-05-03 23:38 | 栽培
カベルネ・ソービニヨンの芽かぎ。枝を見て、悩み、選びます。
b0066067_13162226.jpg

今日は、都農のぶどう生産者、黒木玲二さんに来て頂いて、芽かぎの指導を
して頂きました。どの枝も房を持っていて、しかも、枝の伸び方も揃っているので、
芽かぎはしやすいです。しかし、時々難しい枝に遭遇しますけど…。
剪定で2芽残しの短梢剪定をしたので、2芽、3芽の芽が展開しています。
その枝を整理していく作業が芽かぎです。
玲二さんに指導してもらって、ルールをみんなで統一させ、今年収穫する枝、房を
選び、残していきます。勇気のいる決断?? 早めに芽かぎができることは、
樹への負担を減らすことになりますので、今後の生育が楽しみです。
数年前、私の段取りが悪くて、すべての遅れたことがありました。
適時に作業を進めることの大切さをその時強く感じました。
今日で芽かぎは、すべて終了!! 安心して、スタッフの皆さんは、連休に入れます。
b0066067_13163478.jpgb0066067_13164288.jpg
芽かぎが済むとこんなにすっきりします。右の写真が芽かぎ済み。
[PR]
by seiji1996 | 2006-05-01 23:15 | 栽培
メンテナンスセンター、その名は雄二!!  物を大切にする心…
写真は、カベルネ・ソービニヨン。葉が4~5枚展開。来週芽かぎの予定です。
b0066067_13503157.jpg

今日は、雄二さんが作業の先を見越して、機械のメンテナンスをしてくれました。
自走式の草刈機で、名前はラビットと言います。ぶどうの樹の周りの草を刈るのに
重宝しています。この機械の調子が悪く、というか、壊れていました。
爪の部分が大破し、部品交換しなければならなかったのです。
今日のように時間が取れる日に雄二さんがメンテナンスしてくださいました。
雄二さんは、ヘリコプター、ラジコン、自動車…。あらゆる機械に詳しい人です。
機械を大切に使わないと、本気で怒られてしまいます。農業の経験もあるので、
農作業で使う機械を手足のように操れる人なんです。
農場は作業をする人によっても、植物の様子が違ってくる…。と聞きます。
雄二さんのおかげで園の様子がずいぶん変わってきました。“物を大切にする事”
を雄二さんに教えてもらっています。
b0066067_13505358.jpgb0066067_1351510.jpg
[PR]
by seiji1996 | 2006-04-29 13:51 | 栽培