都農ワインホームページへ
 都農ワインの情報満載!                   

カテゴリ
栽培
ワイン
都農グルメ
コミュニティー
葉っぱの会
AUSTRALIA
菜園
イタリア
以前の記事
最新のトラックバック
葉水
from ロマネ・コンティの庭
シラー/シラーズ(ブドウ..
from ブログで情報収集!Blog-..
メオ・カミュゼ・リシュブール
from ワイン 資料
シャトー・ラフィット・ロ..
from ワイン 資料
シャトー・ラフィット・ロ..
from ワイン 資料
デュジャック・クロ・サン..
from ワイン関連資料
ミネストローネ
from 最後の晩餐
フォロー中のブログ
リ ン ク
都農ワイン    
ぶどう園の四季(hyakusyou)
田んぼ通信
☆グランド・スラム☆
よし子ちゃんの九州・鹿児島レポート
荻原葡萄園


プロフィール赤尾誠二
1974年
宮崎県児湯郡川南町生まれ
1993年
高鍋農業高校卒業
同年4月
技師として都農町役場に採用
同年4月から
宮崎県食品加工開発研究センター微生物応用科で一年間研修、都農町果実酒醸造研究所にて3年間の試験醸造に携わる
1994年
山梨県のワイナリーで醸造研修
1996年から都農ワイナリーで栽培、醸造に携わる
2000-2001年、カリフォルニア サクラメントで開催されたUnified Wine&Grape Symposiumに出席
2006年2月
日豪交流事業の一環として、日本を代表して、豪ティンタラワイナリーで2ヶ月半の醸造研修



以前の栽培通信はこちらから!

有限会社 都農ワイン
〒889-1201
宮崎県児湯郡都農町大字川北14609-20
電話:0983-25-5501
FAX:0983-25-5502
English Here
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:栽培( 157 )
昨日に続き真夏なみ。
日差しの強さが、私の頭皮をもって感じます。痛いです。
今日は、雄二さんに変わり、私が葉面散布をしました。
2時間ほどで終わるのですが、通路の草などで小山ができており、
その段差を走ると1mくらい飛び跳ねるような所があります。
油断すると危ないし、なんせお尻が痛い・・・。

葉面散布は、全園周にするので、久しぶりに全園を見て周ったような感じです。
カベルネも展開が始まり、かわいい葉が2枚展開しています。
シャルドネの葉は、葉の厚みがまして、色も艶のある深い緑色をしています。
ここ数日見ていると、日増しに葉色が濃くなってきています。

いつまで続くのでしょうかこの暑さは。
このまま夏に向かいそうな陽気ですね~。
b0066067_15595979.jpg

      芽かぎも終わり、園がスッキリしています。
b0066067_1602694.jpg

      日増しに色が濃くなってきています。
      艶もましてきた。
b0066067_161230.jpg

      枝には、真珠線がいっぱい出ています。
[PR]
by seiji1996 | 2005-04-29 16:03 | 栽培
今日は真夏!
今日は30℃をこす暑さになり、日差しも強く、真夏日より。
全国各地で、記録的な暑さになったようです。暑かったですね~。

今日でビニール被覆終了。予定通りに作業が進みました。
イタリアへ行っている間、雄二さんたちが頑張ってくださったおかげです。芽かぎの作業も順調、適期作業を逃さぬよう、小回りのきくスケジュールを皆さんと話しながら進めていきます。

今日は、ベリーAの芽かぎ。葉が3枚ほど展開しており、
房の様子、枝振りの様子が目に見えて解りやすくなっています。
玲二さんに色々とアドバイスをもらいながら芽かぎを行いました。
b0066067_732215.jpg
      玲二さんに芽かぎのアドバイスを受けました。
b0066067_7334739.jpg
      1つ1つ悩みます・・・。

慣れるまでは、意外と悩むんです。残す芽をどれにするかで。
玲二さんのアドバイスにより、残す芽の方針がはっきりしてくるので、
慣れれば、モクモクとこなせるようです。

それにしても、今日は暑い一日でした・・・。
来週の頭には、芽かぎが一通り終わりそうです・・・。
b0066067_7344077.jpg
      葉のツヤがあり、輝いていました。
b0066067_735103.jpg
      房も大きくなり始めています。
[PR]
by seiji1996 | 2005-04-28 23:32 | 栽培
春の香りが漂っている都農です・・・
時差ぼけです・・・昨夜は一時間おきに目が覚めてしまい・・・寝不足です・・・。
と言いながら、オテントサマが出ると元気がモリモリ出てきますけど・・・。

都農に帰ってまず感じたのは、春の香りがするようになっていたことです。ワイナリーの外で香る新芽や草、花の香りは、私の中では、春の香りとして決めている香りです。何故かじっとしていられないような雰囲気になります。

イタリアに行っていた間、写真の記録を撮っていてくれた都農ワインスタッフ成ちゃん。また、ぶどう園の管理を切り回してしてくださった雄二さん。そして、ずっと陰で支えてくださっていた玲二さん、晋さん。本当に有難うございました。
b0066067_0431472.jpg

      久々見る園。
      じっくり伸張していて、葉の緑色と成長点の白い綿色の
      コントラストが綺麗でした。

b0066067_04330100.jpg

      成長点がくの字に伸び、充実しています。

b0066067_0434329.jpg

      新記録か?このような房が4房付いている枝も
      あります。休眠枝の充実が良かったのでしょう。


帰ってきて見るぶどう園をみて、ホッとしました。
イタリアに行っていた間ずいぶん大きくなったのですが、思ったよりじっくり伸張しているのにビックリでした。もっと大きくなっているだろうと思っていました。
イタリアに行く前に展開して葉は、3~5枚で、ぶどうの房も綿毛に包まれていました。
ここ数日は、5~7枚と1週間で2枚ぐらい葉が展開してきました。

今の時期は得になんでしょうが、朝のぶどうの表情と夕方のぶどうの表情が全然違うんです。驚きました。今日朝来てくださった、地元有機農業研究会の晋さんと一緒に園を回り、表情の違いが、旬、ぶどうの生理、生育ステージからその違いが出ていることを説明していただき、安心しました。疑問に対して、解りやすく、理論的に説明してくれる晋さんの説明は、ずごいです。今回のイタリアに行く際、イタリアが何故ぶどうの産地、ワインの産地なのか、自然、周りの地形、歴史に視点をおいて見ると、おもしろいことが解ってくるから、そこいらを見てくるとおもしろいはずだよ。と イタリアに行く前にアドバイスしてくださりました。トスカーナのワインの産地に行くと、イタリアの土壌、気候は、おいしいワインができる訳だと実感しました。豊かなミネラル、地下水が豊富なんです。
都農で目指しているぶどう栽培は、イタリアに自然にある環境を、そうでない都農で実現しようと、また実現可能にしている技術なんだなと。イタリアの環境と比較してみると、都農のぶどう栽培の取り組みは、とても理にかなったすごい技術なんだと、地元有機農業研究会技術力のすごさを改めて実感しました。
b0066067_044535.jpg

      イタリア トスカーナのブドウ畑の風景。
      小山(丘)の間には、必ず谷川がありました。
      写真中央樹のあるところが、小川の流れているところです。

b0066067_0442441.jpg

      このように、石灰岩のような石が畑中ゴロゴロ。
      数千年と時を経て、この石が風化され、この大地
      の土になっているのでしょう。
      スーパー粘土!

b0066067_0444557.jpg

      草を刈っている部分の土の様子。
      刈った草(有機物)を分解するために土壌微生物が
      活動している様子。都農での土作と同じです。

b0066067_045312.jpg

      このあたりは、山土のような香りがしました。


後日、徐々にイタリア!小畑と赤尾の珍道中掲載していきますので、お楽しみに!

b0066067_0451535.jpg

      久しぶりの都農の夕日。
      都農の山の尾鈴山のちょうど上を
      オレンジ色の夕日が沈んでいき、
      空の雲がオレンジ色に輝き、
      気持ちい風景でした。
[PR]
by seiji1996 | 2005-04-27 23:53 | 栽培
いよいよ本日出発。
今日も快晴の都農。日中の気温も初夏を思わせる陽気です。
堆肥撒きや鎮圧も無事に終わり、後は、6耕区のビニールはり、芽かぎを来週はじめます。今日は、第1回目の葉面散布を行いました。
早い生育の枝は、4~5枚葉が展開しています。来週中には、ほとんどが6枚ほど葉が出てくるでしょう。今後の生育は早いです。
開花に向け、充実した生育を維持させていかなくてはなりません。今年の枝ぶりは、昨年よりも葉がコンパクトで、真珠線も多く、アントシアンも多いです。ぶどうの芽は、昨年の開花過ぎた頃から形成されます。その頃の充実管理が今の充実した展開につながっています。
台風による影響で、花芽がなかったり、芽が出なかったりするのではないかと心配はしましたが、芽も出たし、花芽も付いていました。
5月の中下旬までが一山です。いい開花が迎えられるように地元有機農業研究会の三輪さんや玲二さん、農家の方々のアドバイスを受け肥培管理を進めていきます。
b0066067_1828473.jpg生育が揃ってきました。
b0066067_18294296.jpg真珠線も多いです。
b0066067_1830990.jpg房の先が赤くなってます。

今日の夜の最終でイタリアへ出発です。準備はやっと終わりました。
イタリアからアップしますね。
[PR]
by seiji1996 | 2005-04-16 18:33 | 栽培
いよいよイタリア行きです!
今日も朝方は寒かった~。風邪ひくかないように気をつけないと・・・
でも日中は、もうさすがに春・春・春・・・暑いです。

今週はぶどうの生育展開が早く、発芽から一転して2~4枚まで葉が展開してきました。ビニールの被覆や芽かぎ、葉面散布作業がたくさん。雄二さんや中武君など皆さんの顔も真っ黒に焼けてきています。ここまで何とかおっつけられたのも、雄二さんたちのお陰です。有難うございます!今朝は、玲二さんに芽かぎの指導をして頂きました。
b0066067_6493118.jpg
ビニールかけもはかどります。

b0066067_6494437.jpg
玲二さんに借りたトラクターと2台で耕転。
b0066067_65013.jpg
6耕区の発芽、展開は揃っています。


というのも、実は私、工場長と一緒にイタリアに行く事に・・・。
もちろん、ワインの勉強ですよ!
1週間分の農場スケジュールを雄二さんにお任せして。行ってきます。
コンサート後、慌しい日々が続きました~。今日こそ準備しないと、やばい・・・。
b0066067_6502896.jpg
最後の別れ・・・。
皆さんご迷惑おかけします。
留守の間よろしくお願いします!


[PR]
by seiji1996 | 2005-04-15 23:49 | 栽培
ビニールかけ順調に進んでいます。
今日もいい天気になりました。朝方はヒンヤリしますが、日中の日差しは強いです。
コンサートの筋肉痛もやっと和らぎ、片付けも終わり、ホッとしているところです。

ビニールかけも順調に進んでいます。シャルドネが残す園が2つです。
今週中にはシャルドネだけは、ビニールかけが終わりそうです。
今年は、棚の改良をしてパイプが高い位置になっているので、ビニールを
かける作業がきついです。今日は、雄二さんも合流。一気にスピードがあがりました。
b0066067_75754100.jpgb0066067_7581699.jpg


シャルドネの生育は、展開している葉が2枚~4枚の枝が多いです。
花芽が大きく、房の数も多いです。順調に萌芽、発芽してきたようです。
来週中には、芽かぎをしていきます。
b0066067_7585432.jpgb0066067_759782.jpg



b0066067_7591953.jpg

[PR]
by seiji1996 | 2005-04-14 23:54 | 栽培
大きくなりました!
今日も雨。前線が停滞しているようです。近くの公園では満開の桜もどんどん桜吹雪となり綺麗に舞っていました。前線は、明日には抜ける予報が出ていますので、明日から、ビニールかけも再開できそうです。

ここ数日で一段とぶどうの芽は大きくなりました。
発芽は過ぎ、葉が展開してきました。展開している芽を見ていると房があるのがわかります。この時の房の大きさが、今年の房の様子です。今年の芽の様子は、樹毛が多く、アントシアンも枝や葉に多く感じます。

b0066067_22255178.jpg


b0066067_2226876.jpg


房も大きそうです。以前から平棚区の6耕区は、生育ステージが揃っていて房が3節目からあるのがわかります。その他の垣根から平棚区へ変更した樹は、房が4節目か5節目からあります。そして、バラツキも6耕区に比べると多いです。
6耕区は、毎年充実しており、品質、収穫量共によい畑です。剪定も違うのですが、ずっと棚仕立てで、仕立ててきた事と地元有機農業研究会の肥培管理技術によって、樹が充実しているのがわかります。
房のある節の場所が低い節数の所にあることは、早い時期に翌年の芽を充実できていたのでしょう。6耕区以外の生育状況とその他の園でちょっと違うのが気になります。
b0066067_22325949.jpg
[PR]
by seiji1996 | 2005-04-12 23:55 | 栽培