都農ワインホームページへ
 都農ワインの情報満載!                   

カテゴリ
栽培
ワイン
都農グルメ
コミュニティー
葉っぱの会
AUSTRALIA
菜園
イタリア
以前の記事
最新のトラックバック
葉水
from ロマネ・コンティの庭
シラー/シラーズ(ブドウ..
from ブログで情報収集!Blog-..
メオ・カミュゼ・リシュブール
from ワイン 資料
シャトー・ラフィット・ロ..
from ワイン 資料
シャトー・ラフィット・ロ..
from ワイン 資料
デュジャック・クロ・サン..
from ワイン関連資料
ミネストローネ
from 最後の晩餐
フォロー中のブログ
リ ン ク
都農ワイン    
ぶどう園の四季(hyakusyou)
田んぼ通信
☆グランド・スラム☆
よし子ちゃんの九州・鹿児島レポート
荻原葡萄園


プロフィール赤尾誠二
1974年
宮崎県児湯郡川南町生まれ
1993年
高鍋農業高校卒業
同年4月
技師として都農町役場に採用
同年4月から
宮崎県食品加工開発研究センター微生物応用科で一年間研修、都農町果実酒醸造研究所にて3年間の試験醸造に携わる
1994年
山梨県のワイナリーで醸造研修
1996年から都農ワイナリーで栽培、醸造に携わる
2000-2001年、カリフォルニア サクラメントで開催されたUnified Wine&Grape Symposiumに出席
2006年2月
日豪交流事業の一環として、日本を代表して、豪ティンタラワイナリーで2ヶ月半の醸造研修



以前の栽培通信はこちらから!

有限会社 都農ワイン
〒889-1201
宮崎県児湯郡都農町大字川北14609-20
電話:0983-25-5501
FAX:0983-25-5502
English Here
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:ワイン( 33 )
うめわいん仕込み
昨日は、うめわいんの仕込がありました。
黄色く熟したうめをタンクにいれ、発酵させます。
今年は、どんなうめわいんになるのか。工場長の腕がまた更に光ります。
選果と水洗いを兼ねて、一つ一つのコンテナを見ていきました。
梅の香りが工場内を埋め尽くした一日でした。
b0066067_13134354.jpg
[PR]
by seiji1996 | 2005-06-04 13:11 | ワイン
フランスワインの試飲会
昨晩、宮崎市内で行われた試飲会に行ってきました。
誘ってくださったのは、都農ワインでいつもお世話になっているソムリエ馬場さん。
私達は、ばばっち。と読んでいますが、とても優しくて、かっこいい方です。
ワインは、フランスのブルゴーニュワイン。
ブシャール社のワインの試飲会でした。

シャルドネのシャブリ4種類、ピノノアール5種類の盛りだくさん。
シャルドネは、都農ワインでも作っているので、とても刺激になりました。
時間とともに変化していく香り、強くて、優しい感じでした。
酸味がしっかりしているんですが、その酸味の幅があるのにまず、驚きました。
フレッシュな柑橘系の果実をかじったような酸味で、旨味があり、余韻も長い。

ピノノアールは、これまた凄く良かったです。
色はおとなしめですが、香り、味ともに力強く、骨格がしっかりしている感じです。
インパクトのある果実の香りがとても豊かで、味わいもタンニンもしっかりしています。
がっちりしていて、柔らかいワインでした。熟成していくともっと楽しめそうです。

すばらしいぶどうが採れるんだろうな~。凄い所だフランスは。
石灰岩地帯で、地下水が豊富だとか・・・凄いやら、うらやましいやら・・・。

とてもいい刺激になり、飲みすぎました。有難うございます。工場長!(残念でしたね!)
また呼んでくださいね~。ばばっち!!
b0066067_2114535.jpgb0066067_2115660.jpgb0066067_21152112.jpg
[PR]
by seiji1996 | 2005-06-02 21:13 | ワイン
ワインの評価、都農ワイン キャンベルとシャルドネ
都農ワインのホームページで紹介させていただきました。
ワインリポート2005 アジアランキング入り!!
都農ワインファンの皆様、地元産100%で食用のキャンベルを使った、
ワインづくりをしている都農ワイン、都農町でぶどうを生産されている農家さん、
都農町、都農に携わる皆さんにとって、大変嬉しい評価です。

ワインの評価をしたのは、著者のトムスティーブソンさんとデニスガスティンさん。
プロの評価として、都農ワインが評価された事は、本当にすごいです。
これも、都農ワインを支えて頂いている皆様のお陰です。本当に有難うございます。

キャンベルの評価と聞くといつも思い出す人がいます。通称:パラサイト。
彼が、ワイン専門家として都農ワインのキャンベルを最初に評価してくれたんです。
食用のぶどうで作るワインと正面から向き合い、ワインとして評価してくれました。

彼との出会いは、都農ワインがオープンした翌年くらいでしょうか。
宮崎大学の教育学部の生徒だった彼は、無謀にも、都農ワインをテーマにした
卒論を書きたいと、都農ワインへやってきたのです。
彼は、大学に入り、不順な動機でワインを飲み始め(ワインで口説けると思って
いたらしい)、いつの間にか、ワインの道へどっぷりとつかりこんでしまい、
ワインエキスパートの資格までもゲット。

卒論を書くのに、1シーズン(8月~9月くらい)、仕込みの手伝いに来ました。
彼のイメージしていた、華やかなワイン作りとは裏腹に、仕込みは、戦場。
長靴をはいて、ぶどうの粕まみれ、水浸し、醸造中心の作業になるので、
深夜まで作業が続くことも。そして、あつかう器具道具は重い。
彼がフラフラしていたのを思い出します。

その後、ワインへの道と教師への道でかなり悩んだあげく、教師の道を選択。
平成14年、晴れて教師となり、頑張っています。
風の便りによると、学校で小学生相手にワインの話をしているとか・・・。

しかし、彼の鼻はすごかった。そして、歯に衣を着せないコメントも有難かった。
彼の鼻は、犬のように鋭く、感性も豊か。そして、表現力、文章力もすごい。
今でも新酒の瓶詰が終わると、彼に送ってコメントをもらってます。
都農ワインのキャンベル・アーリーを最初に評価してくれたのは、彼でした。
b0066067_1432827.jpg
[PR]
by seiji1996 | 2005-05-29 14:31 | ワイン