都農ワインホームページへ
 都農ワインの情報満載!                   

カテゴリ
栽培
ワイン
都農グルメ
コミュニティー
葉っぱの会
AUSTRALIA
菜園
イタリア
以前の記事
最新のトラックバック
葉水
from ロマネ・コンティの庭
シラー/シラーズ(ブドウ..
from ブログで情報収集!Blog-..
メオ・カミュゼ・リシュブール
from ワイン 資料
シャトー・ラフィット・ロ..
from ワイン 資料
シャトー・ラフィット・ロ..
from ワイン 資料
デュジャック・クロ・サン..
from ワイン関連資料
ミネストローネ
from 最後の晩餐
フォロー中のブログ
リ ン ク
都農ワイン    
ぶどう園の四季(hyakusyou)
田んぼ通信
☆グランド・スラム☆
よし子ちゃんの九州・鹿児島レポート
荻原葡萄園


プロフィール赤尾誠二
1974年
宮崎県児湯郡川南町生まれ
1993年
高鍋農業高校卒業
同年4月
技師として都農町役場に採用
同年4月から
宮崎県食品加工開発研究センター微生物応用科で一年間研修、都農町果実酒醸造研究所にて3年間の試験醸造に携わる
1994年
山梨県のワイナリーで醸造研修
1996年から都農ワイナリーで栽培、醸造に携わる
2000-2001年、カリフォルニア サクラメントで開催されたUnified Wine&Grape Symposiumに出席
2006年2月
日豪交流事業の一環として、日本を代表して、豪ティンタラワイナリーで2ヶ月半の醸造研修



以前の栽培通信はこちらから!

有限会社 都農ワイン
〒889-1201
宮崎県児湯郡都農町大字川北14609-20
電話:0983-25-5501
FAX:0983-25-5502
English Here
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:AUSTRALIA( 50 )
ティンタラワイナリーでは、忙しくなってきました!
今週は、休み無しで、仕事になりました。デイシフトと言って、AM08:00~PM08:00の間仕事をします。そして、今日は、暑かった…。
ここでの仕事は、ワインメーカーの細かな指示書を各セラーに出して、スパーバイザーという、作業全体を管理している人が仕事を割振り、セラーハンドという現場で仕事をする人が、すべての作業をしていきます。
b0066067_14392993.jpg

今日は、白ワインを作るセラー3で仕事をしました。とにかく忙しいところです。今日は、ソービニヨン・ブランのラッキングと酵母を入れる作業、サンプリングをして、ラボに持っていったり、いろいろしました。
b0066067_14395846.jpgb0066067_1440153.jpg
土日は、休のスタッフが多く、少ない人数で切盛りしなくてはならなく、20時で交代。今、ティンタラワイナリーでは、24時間稼働しています。
今日は、初めてシフトに入り仕事をしました。お昼休みは20分しかないので、毎日お弁当作っています。といっても、サンドイッチくらいですけど…。いい一日でした。しばらく休み無しで、仕事ができそうです。
[PR]
by seiji1996 | 2006-03-12 00:15 | AUSTRALIA
ティスティングの方法とシステムに驚きます。
毎朝、ワインメーカーと共に全ワインのティスティングに参加させてもらってます。
およそ、1時間くらいかかります。そのティスティングの後、大きな作業の
流れを決めていきます。いつ何をどうするか。ワインメーカーの判断です。
ティスティングしながらシートに指示を書き込んでいきます。
70くらいのアイテムです。気が遠くなるようなティスティング・・・。

もちろん、飲み込みはしませんよ。そして、ワインメーカーの判断の速さは凄い。
どのワインがどういうステージなのか、こんな時は、どうするのか。
刺激的な日々です。それから、今日は特別にティンタラワイナリーでリリースして
いるワイン、20アイテムのすべてのティスティングをさせてくれました。

白ワインは、ソービニヨン・ブラン、シャルドネがメインで、リースリング、セミヨン。赤ワインは、シラーズがメインで、カベルネとグルナッシュ。どのワインも状態は良かったです。若いタンニンのボリュームが凄くて、驚きます。
特に、白ワインのリースリングの香りがよく、赤ワインは、グルナッシュの芳醇な香りが印象的でした。どのワインもタンニンが豊かで、舌がしびれます。
b0066067_15553654.jpgb0066067_15555679.jpg
このプレミアムワインを造る場所を(セラー8)と呼んでいますが、最新設備の
オープンタンクで、機械か手でパンチングダウンをします。温度コントロールできる
ようにもなっています。私は、ここで仕事をしています。この数日でずいぶん忙しくなり始めました。今日は、ポンプオーバーとヒートエクスチェンジをしました。
明日から1週間で、1500tものぶどうがきそうです。忙しくなります。
[PR]
by seiji1996 | 2006-03-10 15:57 | AUSTRALIA
ぶどうとワインのティスティング。
この数日、真夏のような暑さが続いています…。そう、オーストラリアは、真夏!
ぶどうの色も黒さが増していますが、私の肌色も次第に黒くなりはじめました。
日焼け止めクリームを塗っているんですが、それでもだめ。相当強い日差しです。
強い日焼け止めを買わないと防げないようです…。暑い日で、日中35℃。
b0066067_18123411.jpg
現在、白ぶどうが500tほど入ってきて、赤ぶどうが60tくらいです。
全部で8,500tほど仕込むティンタラワイナリーでは、今月の中旬ころからピークになりそうです。今は、工場の洗浄などが中心で、ピークにあわせた作業をティンタラではしています。昨日は、農場周りをして、ぶどうのティスティングをしました。
そのティスティングには、30を越す評価基準シートがあり、ファーマー、マネージャー、ワインメーカーとでその評価を共有している。
何故かというと、同じ品種のぶどうでも、隣の畑で味が全く違うくらい、バラエティー豊かな土壌があり、それを細かく判断し、5t単位の少ない数量でも造り分けています。
b0066067_18142475.jpgb0066067_18153950.jpg
とにかく、コンピュータの活用が凄いです。農場のデータもポケットPCで管理していて、どのエリアが、どういう状況下を把握しています。そして、果実の分析も毎日。
凝縮した果実、甘味が凄く、タンニンが凄い。舌が痺れて、痛いくらい。
土質、地形によって、同じ品種でも全く味が違うのには驚きました。
ティンタラに併設の分析室は、常時5名くらいのスタッフが、果汁、ワインの分析を
しています。分析の項目は、数え切れないくらい。でも、最後は、ワインメーカーの舌、味覚テストによってすべてが決められています。面白いです。
[PR]
by seiji1996 | 2006-03-07 18:16 | AUSTRALIA
McLaren Vale のワイナリー巡り。
今日は、お休みになりました。そんなに忙しくない日々が続いているんですが、
以外と疲れていました。久しぶりにぐっすり睡眠をとることができました。

モーガンも私も行きたいのは山々で、時間がなかなか作れなかったので、今日こそは!
と言う意気込みでワイナリー巡りをしました。ショップは、たいてい4時ころには
閉まりますので、移動を考えるとそんなに時間はありません。
b0066067_12395944.jpgb0066067_12403125.jpg
飯も食わず、5件のワイナリーを回りました。どこのショップ(セラードア)
も雰囲気がよく、ティスティングコーナーのスタッフは、ビシッとしています。
グラスで、リストを見ながら少量のワインを頼み、ティスティングします。
お客さんの質問に対して、ワインの事、農場の事、ラベルの事すべてを答えていました。
セラードアでは、そのようなティスティングが行われ、お客さんが納得して、
ワインを買います。そして、そのお客さんが次のお客さんへと輪を広げていきます。
大切な、セラードアです。どのワイナリーもセラードアには、力を入れています。
大地からぶどう、ぶどうからワイン。そして、その想いとワインをお客様の手に
届ける出発点が、このセラードアだからです。お客さんも土日は多く、
大変賑わっていましたが、目の行き届いた接客は、とても気持ちが良かったです。
b0066067_12412557.jpgb0066067_1242465.jpg
私たちのお気に入りのワインは、リースリングとヴィオニエを(55%と45%)絶妙に
ブレンドしたワイン。Woodstock wineryのワインです。華やかな香がたまりません。
シラーズやグルナッシュも最高に良かったです。
b0066067_12443658.jpgb0066067_12451534.jpg

モーガンとの共通点は、作る立場で酒質を感じ話せるところです。
モーガンの方が百倍凄いんですが…。いろいろ教えてくれます。
[PR]
by seiji1996 | 2006-03-05 12:42 | AUSTRALIA
ポルトガル、アルゼンチン、フランスのワインメーカーが遊びにきてくれました…。
最初1週間のオリエンテーションで一緒に研修を受けた仲間が、
ティンタラワイナリーに遊びに来てくれました♪
b0066067_10384751.jpg

有難いです。皆、ここティンタラから、2時間、3時間と離れたところにの
ワイナリーで研修をしているのですが、わざわざ来てくれました。嬉しかったです。
まだ、仕込がはじまっていないワイナリーや夜のシフト(Pm7:00~Am7:00)
でとっても忙しいワイナリー・・・。ワインの事、生活の事の、家族の事…。
広いオーストラリアでも、こうして会えると思うと、結構近いんだなぁと…。
でも、こうして、会えるのも、今週くらいまでだと思います。
怒涛のようにぶどうの収穫時期が重なりはじめると、
お互い、身動きがとれなくなります。それも、楽しみですが。
フランスのワインメーカーは、英語が苦手で、共通の問題を抱えている、
面白いです。時々、メールをくれたり、送ったり。
後数人、近くにいるので、いつか皆でまた会うことを約束しました。
b0066067_10394095.jpg

ティンタラでは、仕込がはじまって、2週間が経ちましたが、今年は、収穫時期が
若干遅いようです。その、ピークにあわせて、準備をしているような1週間でした。
主に彼と仕事をしています。なんと21歳の青年で、ティンタラでは、2年目の仕込み。
彼の実家は、ワイナリーで、素晴らしいリースリングを作っているワイナリーです。
若いスタッフが多いティンタラ。トップのワインメーカーは、32歳前後です。
[PR]
by seiji1996 | 2006-03-04 10:39 | AUSTRALIA
オーストラリアの雑誌と新聞に都農ワインと日本のワインの事が掲載されました。
すごい!!ビックニュース!!ワイン銘醸地で、都農ワインが紹介されました。

都農ワインがオーストラリアのワイン雑誌と新聞に載りました。
先日、デニス ガスティンさんが、ティンタラワイナリーに来て、取材をしました。
デニスさんは、ワインレポート2004、2005で、都農ワインのキャンベル・アーリーを
絶賛し、その本に紹介してくださいました。

詳しくは、こちら。

そのデニスさんとのオーストラリアでの再会!!いろんな話をしてくださいました。
ティンタラワイナリーは、すばらしいワイナリーだから、頑張ってね!と
有難い言葉までいただきました。

ワインレポートは、世界中でとっても有名な本です。ティンタラで話しても、
ワインレポート、デニスさんの存在は、皆さん知っています。
b0066067_17485371.jpg

そして、昨日付けの雑誌で、都農ワインの事が紹介されました。

都農ワインは、オリジナリティーの強い、ワイナリーとして最近の日本では、
際立った活躍をしているワイナリー、最も価値のある、成功を納めた素晴らしい
ワイナリーと紹介されています。キャンベルは、醸造用のぶどうではないが、
とてもフルーティーで、スティルワインもスパークリングワインも
素晴らしいワイン作っていると・・・。そして、ワイン専用品種に独自の土づくり
でトライし、結果を出していること、環境が良くない九州で、素晴らしいぶどうを
作っている事も。本当に凄い、都農ワインって凄いと感じました。
そして、他のアジアのワインや日本のワインの事も、紹介されています。

2件ほどの取材を受けました。なぜ、日本から、オーストラリアにワインの研修に
来たのか、また、なぜ、都農ワインが選ばれたのか、輸出は、考えていないのか?とか・・・。
こちら、オーストラリアのメディアの方も興味津々の都農ワインです。
私の力ではなく、都農ワインをこれまで支えてきてくださった、皆さんのお陰です。
私に何ができるのか解りませんが、いっぱい感じ取りたいと思います。

今朝のアデレード新聞で、私がでかでかと載ってしまい、ティンタラ工場では、
大騒ぎ。なぜ、英語がまともに話せない日本人がここに取上げられるのか、
謎を呼んでいます。都農ワインには、たくさんの応援者がいるから、そして、
ティンタラワイナリーが素晴らしいから…。としか言えないんですが、
改めて、私自身、都農ワインの凄さを感じた次第です。ちなみに、明日も取材だとか。
b0066067_17525439.jpgb0066067_1754650.jpg
[PR]
by seiji1996 | 2006-03-02 17:54 | AUSTRALIA
ワイン銘醸地の見学。3月のはじまり。
昨日は、午前中は、フリー。工場内を自由に行動して言いとミーティングのときに
話がありました。フリーと言われても…。
b0066067_1791377.jpgb0066067_17105215.jpg
そこで、私が目をつけたのは、プレミアムワインと作るのに、
バスケットプレスをティンタラでは使っています。
そのバスケットプレスにワックスかけをしている仕事が妙に魅力的。させてさせて!
一緒に仕事をさせてもらう事にしました。クリスプというベテランのセラーハンドは、
とても優しい人です。いろんな話ができました。今度、ディナーに一緒に行こうと
誘ってくれました。地元の人で、ティンタラワイナリーで14年働いているスタッフです。

ロウは、パラフィン50%、蜜蝋50%で溶かして使います。

午後は、ティンタラワイナリーのカリスマワインメーカー ポール カーペンター と
共に、車で2時間離れた所のバロッサバレーのワイナリーに行きました。

b0066067_17125373.jpg

モーガンも一緒です。英語で、通訳してくれる、優しいモーガン・・・。
こちらの人の英語は、めちゃくちゃ早く、独特です。モーガンの英語は綺麗で、
噛み砕いて、私に話してくれます。そこで、グルナッシュの農場を見ました。
40年ほどの古木の農場で、すばらしいぶどうが実っていました。
糖度は、25度。とっても甘く、色が濃く、パワフルな味です。
ポールは、めちゃくちゃ背が高く、私の倍以上はあるんじゃないかというくらい
でかいですが、とっても優しく、きさくです。彼の判断力と判断の速さは、凄い。
有名なワインメーカーです。モーガンと2人で舞い上がった一日になりました。
b0066067_17152468.jpg

草性栽培が主流のオーストラリア、都農ワインでしている土づくりの菌糸が、
土をめくるといっぱいありました。面白いです。表面だけだとガチガチの硬い土
に見えますが、めくるとしっとりしていて、強い土の香りがします。
b0066067_1721382.jpgb0066067_17243589.jpg

b0066067_17173983.jpgb0066067_1720116.jpg
若手セラーハンドが僻むくらい、モーガンと私は、特別なプログラムで、
仕事をさせてもらっています。都農ワインのお陰です。
[PR]
by seiji1996 | 2006-03-01 23:48 | AUSTRALIA
赤ワインの仕込み初!シラーズの仕込が始まりました。
今日から、マクラーレンベイルのシラーズの仕込がはじまりました。
赤ワインの仕込みの始まり。糖度がなんと25度、とっても甘く、ぶどうは、真っ黒。
乾燥しているので、ぶどうが、干しぶどうのように濃縮されているのでしょう。
濃くがあって、ほのかな渋みとが、飲み応えある果汁です。手がベトベト…。
b0066067_1515056.jpgb0066067_15152269.jpg

b0066067_15155937.jpg今日のロットは、10tでしたが、プレミアムワインを作るロットと、そうでないロットを2つに分けて、仕込みました。
5t、10tの開放タンクが50基あり、30年ほど使っているバステットプレスで搾ります。小さなロットをワインメーカーのプログラムで作り分けていく、とても面白そうなワイン作りです。そのぶどうの違いを、把握して、分けて仕込みます。この機械は、ぶどうの果汁を分析する機械です。


今日は、仕込が終わって、ひたすらバスケットプレス、6台を洗いました。
とっても、衛生的な工場のティンタラ、大きくても、小さくても同じだなぁと。
都農ワインでの醸造技術や衛生面、基本は、同じなので、なんとなく、
流れがわかります。でも、システムや小道具は、面白いものがたくさんあります。
[PR]
by seiji1996 | 2006-02-28 15:12 | AUSTRALIA
皆様のお陰で、すばらしい経験ができます。
b0066067_1473982.jpg今日で、ティンタラに来て1週間が経ちました。長いようで、あっという間。
仕込みもはじまり、徐々に忙しさが増してきました。「来週は、目が回るぞ!せいじ!」
木曜日には、マクラーレンヴェイルのワイナリーに国外からヴィンテージに参加(ヴィンテージとは、年号のことですが、こちらでは、その年の仕込みの事を言います。)
している人が集まって、教会で鐘を鳴らす、リングベルヴィンテージ。
マクラーレンヴェイルの代表、ハーディー社の社長や牧師が話しをして、ベルを鳴らし、皆さんの安全と健康を願いました。

b0066067_14121441.jpg
会う人々に片言で、知っている単語を並べ、都農の事を話します。
日本酒の事は皆さんご存知ですが、日本のワインの事を全く知りません。
200,000本を作っているという話をすると、とても少ないようですが、県内で、200,000本のほとんどを完売していると言うと、皆さん驚きます。
町民やいろんな方が都農ワインを支えてくれているから、地域の繋がりがあるから、ワイン文化の無い所でも成り立っていると。ワイン業界に携わっている人にとっては、大変興味深い都農ワインです。

b0066067_14195057.jpg


ティンタラには、50名を超える従業員が働いています。上下関係がとてもはっきり
していて、トップのワインメーカーが指示をだし、アシスタントワインメーカーや
スーパーヴァイザーワインメーカーなど、5名のスタッフが仕切っています。
農場の管理から商品のスタイルと作り方が一貫性があり、遊びの部分が必ずあります。
プレミアムワインを造るシステムなどとても刺激的です。

ワインの産地オーストラリアに来ることができたのは、本当に皆さんのお陰です。
これから、私は、プレミアムワインを作るチームに加わることになりました。

写真の規制があり、なかなか写真が撮れないので、相談してみます。

b0066067_1413511.jpgb0066067_14161868.jpg
それにしても、モーガンの料理は、うまい。
昨日は、赤ワインのグルナッシュにあわせて、トマトベースのパスタをつくってくれました。
うまかった~!
[PR]
by seiji1996 | 2006-02-25 14:20 | AUSTRALIA
ワインの品質の高さには感激します。オーストラリアの大地。
土壌の違い、気候の違い…。
b0066067_13394812.jpg

東オーストラリアからここマクラーレンヴェイルに流れている大きな川が
山のミネラルと豊富な地下水を作っています。真っ赤な土と、真っ白い土とが
エリアによって違うようです。地歴の古さ、土が風化してなだらかな丘陵地を
つくっています。
丘陵地の写真
そして、ぶどう!これが南AUでよく見かける仕立て方です。
キャノピーマネージメントは、必要ないようです。おそらく、ハイテクノロジーを持つ
AUなので、場所やぶどうによって、仕立て方を使い分けているように感じます。
キャノピーマーネージメントだけが全てではない事を感じさせてくれます。
非常に肥沃な大地と豊富な地下水、そして、寒暖の差の激しい気候。まさにぶどうの適地!
b0066067_13401796.jpgb0066067_13404851.jpg
ぶどうの表情のすごいこと。節間、枝色、葉の厚みやツヤ、大きさ、都農で目指している
最高の表情がここにはあります。都農の有機農業研究会の皆さんがいつも言っている
表情とそれを導いている環境など。
b0066067_13412089.jpgb0066067_13414543.jpg
オーストラリアで作られる赤ワインの色やボディーは、こうした環境の素晴らしさと
ワインを愛する人たちによって作られているんだと感じました。
b0066067_13421235.jpgb0066067_13423277.jpg


b0066067_13461743.jpg

このおじさんが最初のホテルのオーナー。きさくで、優しいのですが、早口で何を言って
いるのか全くわかりませんが、話していると、シラーズが大好きで、自分の庭にぶどうを
植えて栽培し、友達に造ってもらっているとか・・・。
このホテルのもてなしのお酒です。マクラーレンベイルの初夜は、彼とワインを2本あけて
すごしました。楽しかったです。
[PR]
by seiji1996 | 2006-02-23 13:42 | AUSTRALIA