都農ワインホームページへ
 都農ワインの情報満載!                   

カテゴリ
栽培
ワイン
都農グルメ
コミュニティー
葉っぱの会
AUSTRALIA
菜園
イタリア
以前の記事
最新のトラックバック
葉水
from ロマネ・コンティの庭
シラー/シラーズ(ブドウ..
from ブログで情報収集!Blog-..
メオ・カミュゼ・リシュブール
from ワイン 資料
シャトー・ラフィット・ロ..
from ワイン 資料
シャトー・ラフィット・ロ..
from ワイン 資料
デュジャック・クロ・サン..
from ワイン関連資料
ミネストローネ
from 最後の晩餐
フォロー中のブログ
リ ン ク
都農ワイン    
ぶどう園の四季(hyakusyou)
田んぼ通信
☆グランド・スラム☆
よし子ちゃんの九州・鹿児島レポート
荻原葡萄園


プロフィール赤尾誠二
1974年
宮崎県児湯郡川南町生まれ
1993年
高鍋農業高校卒業
同年4月
技師として都農町役場に採用
同年4月から
宮崎県食品加工開発研究センター微生物応用科で一年間研修、都農町果実酒醸造研究所にて3年間の試験醸造に携わる
1994年
山梨県のワイナリーで醸造研修
1996年から都農ワイナリーで栽培、醸造に携わる
2000-2001年、カリフォルニア サクラメントで開催されたUnified Wine&Grape Symposiumに出席
2006年2月
日豪交流事業の一環として、日本を代表して、豪ティンタラワイナリーで2ヶ月半の醸造研修



以前の栽培通信はこちらから!

有限会社 都農ワイン
〒889-1201
宮崎県児湯郡都農町大字川北14609-20
電話:0983-25-5501
FAX:0983-25-5502
English Here
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:AUSTRALIA( 50 )
今日は、ニューレコード!タンク11本のプレス。
b0066067_183717100.jpg今日は、何気にはじまった朝の仕事。そして、ワインメーカーから、次々といろんな
指示が出てきました。オープントップタンクの搾汁が午前中で4本午後から7本…。
今日は、11本のタンクの搾汁がありました。そして、空いたタンクにまた、新しいぶどうが入ってきます。その間、ポンプオーバー、プランジング、温度チェック…。何をどうやっているのか、全く付いていけませんでした。何故、こんなに、一度に搾るのか。それは、ワインの状態、品質によって、明日にできないからです。ワインメーカーがタンクの上から、ワインの様子を確認して、決めています。
b0066067_18373913.jpgワインメーカーの出す指示には、こんな時は、こうするんだ、毎日いろんな刺激を受けています。今、オーストラリアのワイン醸造技術は、世界トップです。カリフォルニア、南アフリカ、チリ、フランス、イタリア…。各国から醸造の研修でこのティンタラにも来ています。ワインの大学、博物館、研修受け入れ態勢などの教育施設、ワインに対して、国の力の入れ方が凄いです。そして、ワインメーカーの自由な発想と、新しい事への挑戦。
この地で、果実味豊かなぶどうが収穫でき、そのぶどうの良さを最大限に生かすための醸造。そして、ブレンド技術。このブレンドは、同じ赤ワインのブレンドと、赤ワインとちょっと白ワインをブレンドする技術があったり、面白いです。ボディー、タンニンの量は確かに凄いボリュームですが、調和の取れた、芳醇な香りと口当たりには、驚きます。1、2年で飲めるタイプから、5、6年寝かせて楽しむワイン、10年くらい熟成させるワイン。それぞれ、畑の選び方から、醸造の方法からすべて違います。ここ、オーストラリアは本当に凄いところだと感じた一日でした。
このバスケットプレスの機械は、1919年から使っているそうです。
ここティンタラは、歴史と伝統、そして、技術力を持ったワイナリーです。
[PR]
by seiji1996 | 2006-03-25 18:31 | AUSTRALIA
仕込みのピークに入りました。1週間で1,400tのぶどう。
今日は、スペシャルハードな一日。ポンプオーバーを一日中!!きっと、8時間くらいは、ポンプオーバーをしていました。小さなタンクが50基あり、そのうち20基のタンクのポンプオーバー、10分の短い時間ですが、20基を2回やり、その間に、プランジング(かいいれ)を一回、もしくは、2回・・・。あっという間に18時になってしまい、お昼ご飯も食べれませんでした。と言うのも。50基あるタンク皆同じような作業が続いていて、しかも、プレスが3本。5人いるスタッフは、皆同じように忙しく、慌しく時間が過ぎました。
b0066067_1854339.jpg(この方が、シニアワインメーカーのフューです。搾るごとに搾り方を考え指示を出していきます。)

最初の数本のポンプオーバーは、いろいろ感じながら楽しくやっていましたが、
そのうち、誰か変わってくれ~と思いながら、気の遠くなるような作業でした。
果皮の成分を抽出させる事と空気に触れさせて、香りを開かせるためです。
ティスティングの結果、この作業の頻度が決まります。ワインメーカーのティスティングは、朝の8時と夜の8時に全種類のタンクからサンプリングされたワインを3人か5人でやります。驚くほどの数です。そのタンクごとに細かなプログラムを作ります。
実は、今日、夜のワインメーカーのティスティングに参加しました。2時間くらいかかります。ハードな1日でした…。
でも、すっかり、セラー8での仕事、役割が私にもできて、有難いです!
[PR]
by seiji1996 | 2006-03-24 18:57 | AUSTRALIA
大切なワインは、大切な時に飲みたい。
今日は、8セラー。50基あるタンク殆どぶどうで埋め尽くされている状態です。
b0066067_18555626.jpg8セラーのリーダーは、先日もご紹介したルーブ。地元の人です。都農で、地元のキャンベル・アーリーが愛されているように、地元のシラーズを心から愛している人です。今日、なにやらワインメーカーと話していました。
彼の家で作るマイワインの事についてでした。面白い。先週300kgのぶどうをプレスしたようです。彼の強力で・・・。そして、そのワインをワインメーカーにティスティングしてもらって、しかも、分析室で分析しても良いか相談していました。そして、ワインメーカーは、ここがいい、ここが悪いとはっきり言っています。ルーブは、ベテランのセラーハンドで、40歳くらいですが、ワインメーカーを尊敬しています。
ワインメーカーもルーブの事を尊重しています。8セラーはここティンタラでは花形のセラーです。そのセラーを任されているルーブとワインメーカーの関係がとてもいいと感じました。セラーハンドですけど、ティンタラワイナリーでも重要なポジションに位置づけています。時々、セラー8の事で、ワインメーカーの指示書に無い事を相談して、メイキングの立場で意見しています。都農ワインの縁の下の力持ちでいろんな意見をしてくださる皆さんを思い出しました。こうして、大きな会社でも、縁の下の力持ち(腕力もあります)っているんですね。そして、今朝、駐車場で、待っていたルーブ。何かな??・・・。彼が私に、2004年に造ったマイワインをこっそり、1本くれたのです!!「今夜でも飲んでくれ!!」と言って…。今夜飲めるわけないですよね。だって、大切なワインですもの。都農ワインを支えて頂いている皆さんと飲みたい、大切なワインです。
b0066067_18593939.jpg
[PR]
by seiji1996 | 2006-03-21 18:56 | AUSTRALIA
赤ワインのプレスが続いています。どのセラーも大忙し。
20セラーでは、昨夜2本のタンクを搾っていました。朝、20セラーに行くと、
疲労に満ちたスタッフから、仕事を引継ぎ、今日も2本のタンクを搾りました。
搾った後には、すぐに新しいぶどうが入ります。次から次へと・・・。
全部のタンクで、30本ある20セラー。容量にして、ぶどうが400tほどのぶどうがびっちり入っています。搾る間も、ワインメーカーの指示で、いろんな作業が同時進行していますので、とにかく、ミスをしない事が最優先。緊張感があります。
b0066067_1728206.jpgb0066067_17285584.jpg
今日は、 “フィル”という青年がヘルプで20セラーに来てくれ、5人で作業を進めました。
フィルは、20歳で、とても若く、しかも、彼の腕は、とてもでかい。力がものすごくあるとです。今日も、搾るぶどうの果皮を出すハードな作業を彼と共にしました。
でも、シラーズの果皮の香りは、とても良いです。ラズベリーのような甘い香りが漂います。
夕方、スーパーヴァイザーがものすごい険悪な顔つきで、ポンプオーバーをしているポンプをストップ。ポンプに果皮が詰まって、モーターが高温になり、こげていたからです。慌しい作業の中、20セラーのスタッフ誰もが気付かず、大騒ぎ。ワインメーカー、いろんなスタッフがかけより、緊急措置をしました。忙しくなると注意力も散漫になるので気をつけないといけません。ポンプオーバーの担当をしてたスタッフは、てげ怒られていました…。正確には、彼が悪いわけではないのですが…。これからもっと忙しくなるので、ミスだけは、しないよう心がけないといけないと感じた一日でした。
b0066067_1729578.jpgb0066067_17301635.jpg
ティンタラに来て、約1月が経ちました。この2週間は、ずっと仕事で、曜日の感覚がなくなりました。あちこち筋肉痛・・・。情けない…。あまり大して、英語は上達してませんが、仕事は少しずつ覚えてきました。スタッフの皆さんは、いつも親切にしてくれますので、助かっています。
[PR]
by seiji1996 | 2006-03-20 17:27 | AUSTRALIA
赤ワインのプレスは、とってもハード…。恐怖の20セラーも忙しくなってきました。
もう、1週間が過ぎてしましました。早いものです。残す5週間です。
b0066067_18502738.jpgb0066067_18524038.jpg
今日は、20セラーでの仕事。ここは、20KLのヴィニマティックタンクが9本あり、開放じゃない通常の30KLタンクが12本あります。ここでも、リーズナブルで、質の高いワインをつくるセラーです。古いセラーですが、汚いようで、綺麗なセラーです。
「え~。セイジ!20セラーか!!」と言われるくらい、とっても忙しいセラーです。
ここの、セラーハンドボスは、スチュード。おらびながら、話してくれます。
他の2人もどうよう。今日は、4人で仕事をしました。古い機械も多く、音も凄くうるさい機械が多いので、おらばないと話が出来ないんです。野人のセラーです。
見た目は、とっても怖い人たちばかりですが本当はやさしいです。力もあり、てきぱきと仕事をしています。危険な作業も多く、緊張感もあり、刺激的なセラー。
b0066067_1850544.jpgそして、実は、私も行きたくなかったセラー…。ここで、朝の8時から夜の8時半頃まで、ハードな一日を過ごしました。きっと、しばらくこのセラーで仕事をすることになります。
20klヴィニマティックのプレスと30klの通常タンクのプレスをしました。ヴィニマティックは、そんなに大変ではないのですが、通常タンクの果皮を出す作業がとっても大変。
2時間くらいかかって、タンクから出します殆どを1人で出さないといけないくらい、ハードな作業。その果皮の硬くて重くて、とても、きつい仕事でした。きっと、ティンタラで、最も肉体的にハードなセラーが20セラーです。「え~セイジ!20セラーか!!」の意味が今になってよくわかります。でも、いい一日でした。怖い人たちにも慣れたし。

ティンタラでの仕事は、朝8時スタートで、夜の8時過ぎまでです。休憩も、殆ど無くてとっても忙しくなってきました。私の手も、仕込らしい手になって、なんとなく、誇らしげに仕事が出来ています。
b0066067_18542189.jpgb0066067_1854776.jpg
ヴィンテージは、ほぼピークに向かっています。昼のシフトは、朝8時から夜の8時まで、夜のシフトは、大変です。夜の8時から朝の8時まで・・・。
今、ティンタラでは、24時間稼動です。ワインメーカーは、いつ寝ているんだろう…。
[PR]
by seiji1996 | 2006-03-19 18:51 | AUSTRALIA
大きくても小さくても… 造るプロセスは同じ。
b0066067_1933534.jpg午前中は、5セラー、午後から8セラーで仕事をしました。ティンタラには、1セラー、2セラー、3セラー、5セラー、8セラー、20セラー、バレルセラー、クラッシャー、メンテナンスセラーと9つのエリアに分けて仕事をしています。そして、各セラーには、リーダーというか、ボスというか…。
5セラーのボスは、クックと言います。ワインメーカーからの指示を受けます。仕事も速いし、力もあるし、早口出し、ほとんど地元の人です。そして、その下で、若いセラーハンドが仕事をしています。写真は、怖くて取れませんでした。明日挑戦してみます。
この青年は、マクラーレンベイルの近くで、ぶどう農家をしている息子さんです。自ら、ワインを造る事も経験したいと今回のヴィンテージに参加したそうです。楽しい仕事らしいのですが、彼女に会える時間が無くなって、寂しいとか・・・。その気持ち、良く解る!
5セラーでは、赤ワインを造ります。1つのタンクで70,000Lの赤ワインの発酵タンクがあります。かなりでかい。そのタンクが12本あります。
b0066067_19352717.jpgb0066067_19354581.jpg
午前中は、サンプリングをしました。大変でした。果汁を約3,000Lの小さなタンクに移して0.2Lの果汁サンプルを分析室にもって行きます。分析の結果を見て、ワインメーカーが作業の指示を出します。その後は、ポンプオーバー。作り方や、温度コントロールなど、小さなロットとそんなに変わりません。しかし、”かいいれ”は出来ませんけど。
リーズナブルで、品質の高いワインをぶどうからセレクトして、5セラーで造るようにしているのです。午後は、8セラーで、3本のタンクを絞る作業を一緒にしました。
工場内を駆け足すると滑って危ないので、早歩きで。どこのセラーもタンクがいっぱいになってきました。今週は、2,000tくらいぶどうがきました。来週は、4,000tとか。
これから、4週間ほど、週4,000tのペースで、ぶどうがやってきます。
[PR]
by seiji1996 | 2006-03-18 19:36 | AUSTRALIA
オーストラリアの土壌、ワインは、バラエティー豊か。
今日は、新しくハーディーに入ったスタッフ2人と一緒にティンタラワイナリーで仕込んでいるマクラーレンベイル、アデレードヒルズのぶどう園、そして、バロッサバレーとクレアバレーのぶどう園を見てきました。ハーディーが関わっているワイナリーです。
b0066067_1814619.jpg
b0066067_1822426.jpgb0066067_1824392.jpg
農場では、潅水施設がたいていの農場で設置されています。そして、潅水に使う水の質によってもぶどうの品質が変わるようです。気候は、乾燥している南オーストラリアなのですが、地下水が豊富で、1つの農場に必ず水場があり、その水を使って潅水しています。一番驚いたのは、なだらかな丘陵地の陸の頂上に大きなタンクがあり、地下水をくみ上げているのです。収穫時期なのですが、昨日も潅水をしていました。
乾燥しすぎると良くないようです。潅水施設のあるぶどうの方が、味も香りも良い。
土壌の色は、基本的に赤色の粘土。石灰岩も混じっていたりしています。
そして、どの園も、カバークロップと言って、草の種をまいて、通路には、草がびっしり生えています。今は、夏草が枯れて、緑じゃないのですが、乾燥から守ったりしてくれます。そして、収穫が終わると耕転します。
b0066067_1832624.jpgb0066067_183458.jpg
クレアバレーのリースリングは、素晴らしかった!香りが芳醇で、口当たりがよく、酸味に味わいがあります。シラーズのスパークリングも濃厚で、炭酸の泡が細かく、ほんのり甘く、香りもチェリー、ラズベリー、プラム・・・いろんな黒い果物の香りがします。
b0066067_1842985.jpgb0066067_1844442.jpg
バロッサでは、BAROSSA VALLY ESTTE、クレアバレーでは、LEASINGHAM WINERY に行き、農場とワイナリーを見ました。朝の4時半に起きて、5時半頃出発、バロッサに8時に付き、クレアバレーまで、2時間。帰り着いたのは、9時頃・・・長い道のりでしたが、オーストラリアのバラエティー豊かな土壌、ワインの味わいに驚いた一日でした。
b0066067_185685.jpgb0066067_1852240.jpg
b0066067_1853929.jpgb0066067_1855536.jpg
左:シラーズ、右:シャルドネ
[PR]
by seiji1996 | 2006-03-17 18:06 | AUSTRALIA
バスケットプレスデビュー。シラーズ、ピノ・ノアールを搾りました。
今日は、一日で2つのタンクを搾りました。合計18tです。
朝から、パンチダウンや温度チェックやサンプリングなど、何かと慌しい
一日でした。4人で仕事をするのですが、リーダーが、ルーブ。
b0066067_18285737.jpgb0066067_18292012.jpg
3つのバスケットプレスを使って、油圧式のシリンダーで圧力を掛けて搾ります。
その時に、ワインメーカーがやってきて、どう搾るかを決めます。
自然の重力で出る、フリーランとプレスランを分け、プレスの度合いを確認します。
発酵している時のピノ・ノアールの香りは、これって大丈夫か??というくらい、
独特の香りですが、搾るときの香りは、たまらなくいい香りで、驚きました。
驚くまもなく・・・トラブル発生。
その1:果汁を送るポンプが壊れた。すぐに違うセラーから借りてきて対応。
その2:私の付けたバルブが逆だった、ワインが少しこぼれた。
若いスタッフににらまれて反省。
その3:ピノ・ノアールの果皮が非常に硬くて、ワインが出てくるバルブに詰まって、
ワインが出てこなくなった。これは、ルーブの腕力で解決。

今日聞いたのですが、ルーブは、人間マシーンというニックネーム
がついているようです。その訳は、ものすごい強力の持ち主だからです。
彼が楽にやっているように見える作業を私がすると、びくともしないくらいです。
何とか、シラーズとピノ・ノアールのプレスは終了しました。良かったです。

b0066067_1830318.jpgb0066067_18302597.jpg
今日、帰り際に、サニタリーのセイフティーキットが私に支給されました。
SEIJIとマジックで書いてある、布のバックです。中には、ゴム手袋と、ゴーグルが
入っています。タンクや器具、ワインの通るラインは、使う前と使った後には、
必ず洗います。これを使って、タンクのサニテーションが出来るというわけです。
仕事が増えて嬉しい。そして、スタッフの仲間入りをしたような感じになりました。
[PR]
by seiji1996 | 2006-03-15 18:38 | AUSTRALIA
大切なぶどうの良さを引き出します。
昨日、夕方から雨が降り出し、雨音がするほど?きっと、10㎜程度です。
この時期に雨が降るのは、珍しいらしいのですが、私が来て3度目の雨。
レイマンと言われそうです・・・。ぶどうにとって、収穫時期の雨は、いやなものです。
病気などの果実へのダメージが心配されるからです。でも、大丈夫のようでした。
場合によっては、収穫のタイミングを調整することもあるようです。
b0066067_16505324.jpgb0066067_16511285.jpg
今日もセラー8でのお仕事です。セラー8にあるタンク50基のうち、15基ほど
のタンクにぶどうが入ってきました。この数日、木曜日くらいには、ここのタンクは、
いっぱいになるようです。ぶどうは、コールドソークと言って、ぶどうを冷やして、
色や味、フルーティーな要素、柔らかなタンニンを引き出します。
(都農ワインでもやっていますよね。工場長。)
そして、数日後、酵母を加えて、1週間ほど発酵させます。
黒い果実の甘~い香りが特徴的です。発酵も順調にすすんでいます。

そう、昨日のルーブさんは、四苦八苦している私の英語をおおらかに、(てげてげに)
包み込んで、いろいろ話しかけてくれます。地元の人は、地元のワイナリーを愛し、
応援もするし、自分で作っているし・・・。ワインを楽しんでいます。
そして、ティンタラワイナリーで働いているスタッフは、若いスタッフもですが、
皆誇りを持っていて、生き生きと仕事をしています。今後、続々紹介します。
スタッフの人たちが会社を支えているんだと感じました。
b0066067_16515447.jpg樹齢150年の樹がティンタラの敷地内にドーンとあります。大きさに圧倒され、歴史を感じます。

面白いのが、白ワインのデリケートな仕事が多いセラー3では、女性のワインメーカー、
セラーハンドで、細かな仕事と、管理をしています。赤ワインの荒々しく、力の必要な
セラーでは、男たちが怒鳴り声をあげながら仕事をしています。ちょっと怖い。
本当は、セラー3に行きたい気持ちは山々ですが、私は、セラー8です。8マン。
[PR]
by seiji1996 | 2006-03-13 17:20 | AUSTRALIA
シラーズ、カベルネ、ピノ・ノアールのポンプーバーとパンチダウン!充実した一日でした。
シラーズ、カベルネ、ピノ・ノアールのポンプーバーとパンチダウン!
私たちは、ノックダウン!?遅刻しかけました・・・。
b0066067_14432614.jpgb0066067_14434613.jpg
今日は、セラー8での仕事。赤ワインのオープンタンクがズラリと並ぶ、プレミアムワインをつくるセラーです。かっこいいっすよね。そこで、今日は、ベテランのセラーハンド、ルーブと一緒にいろんな仕事をしました。ルーブは、ティンタラワインでもベテランのセラーハンドで、しかも、ワインが大好き。奥さんが違うワイナリーでワインメーカーをしているらしく、また、自分の家でもマイワインを造っているとか…。
今日、そのワインを持ってきて、ティンタラのワインメーカーに飲んでもらったそうです。私も休憩時間に飲ませてもらいました。彼から、どうだ!? と聞かれて、「うまい!」と即答したら、凄く喜んでいました。でも、本当に飲みやすく美味しかったです。
地元出身の彼は、シラーズが大好きで、ティンタラワインが大好きです。
この町の人たちは、心からシラーズを愛しているようです。
都農で、キャンベル・アーリーが愛されているように・・・。
冗談話しか言わない彼の話は、どれが本当の話か悩んでしまいますが、
仕事を楽しんでしているかっこいい人です。
b0066067_14443071.jpgb0066067_14444930.jpg
今日は、発酵中のワインをポンプオーバーしたり、パンチダウンしたり、結構忙しかったです。発酵中のシラーズの香りは、ラズベリーや濃縮した黒い果実の香りがしていました。炭酸ガスも勢いよく、出ていて、クラクラ目眩がするほど。このパンチングダウンは、いいワインを造るためには、欠かせない、大切な作業です。じっくりと果実のうまみを抽出させます。機械操作でこのパンチダウンはできるのですが、手でやると死ぬほどきついんです。果皮が浮いてできるキャップの硬さは、相当硬いです。充実した一日でした!
[PR]
by seiji1996 | 2006-03-12 14:45 | AUSTRALIA