都農ワインホームページへ
 都農ワインの情報満載!                   

カテゴリ
栽培
ワイン
都農グルメ
コミュニティー
葉っぱの会
AUSTRALIA
菜園
イタリア
以前の記事
最新のトラックバック
葉水
from ロマネ・コンティの庭
シラー/シラーズ(ブドウ..
from ブログで情報収集!Blog-..
メオ・カミュゼ・リシュブール
from ワイン 資料
シャトー・ラフィット・ロ..
from ワイン 資料
シャトー・ラフィット・ロ..
from ワイン 資料
デュジャック・クロ・サン..
from ワイン関連資料
ミネストローネ
from 最後の晩餐
フォロー中のブログ
リ ン ク
都農ワイン    
ぶどう園の四季(hyakusyou)
田んぼ通信
☆グランド・スラム☆
よし子ちゃんの九州・鹿児島レポート
荻原葡萄園


プロフィール赤尾誠二
1974年
宮崎県児湯郡川南町生まれ
1993年
高鍋農業高校卒業
同年4月
技師として都農町役場に採用
同年4月から
宮崎県食品加工開発研究センター微生物応用科で一年間研修、都農町果実酒醸造研究所にて3年間の試験醸造に携わる
1994年
山梨県のワイナリーで醸造研修
1996年から都農ワイナリーで栽培、醸造に携わる
2000-2001年、カリフォルニア サクラメントで開催されたUnified Wine&Grape Symposiumに出席
2006年2月
日豪交流事業の一環として、日本を代表して、豪ティンタラワイナリーで2ヶ月半の醸造研修



以前の栽培通信はこちらから!

有限会社 都農ワイン
〒889-1201
宮崎県児湯郡都農町大字川北14609-20
電話:0983-25-5501
FAX:0983-25-5502
English Here
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
今日は、ニューレコード!タンク11本のプレス。
b0066067_183717100.jpg今日は、何気にはじまった朝の仕事。そして、ワインメーカーから、次々といろんな
指示が出てきました。オープントップタンクの搾汁が午前中で4本午後から7本…。
今日は、11本のタンクの搾汁がありました。そして、空いたタンクにまた、新しいぶどうが入ってきます。その間、ポンプオーバー、プランジング、温度チェック…。何をどうやっているのか、全く付いていけませんでした。何故、こんなに、一度に搾るのか。それは、ワインの状態、品質によって、明日にできないからです。ワインメーカーがタンクの上から、ワインの様子を確認して、決めています。
b0066067_18373913.jpgワインメーカーの出す指示には、こんな時は、こうするんだ、毎日いろんな刺激を受けています。今、オーストラリアのワイン醸造技術は、世界トップです。カリフォルニア、南アフリカ、チリ、フランス、イタリア…。各国から醸造の研修でこのティンタラにも来ています。ワインの大学、博物館、研修受け入れ態勢などの教育施設、ワインに対して、国の力の入れ方が凄いです。そして、ワインメーカーの自由な発想と、新しい事への挑戦。
この地で、果実味豊かなぶどうが収穫でき、そのぶどうの良さを最大限に生かすための醸造。そして、ブレンド技術。このブレンドは、同じ赤ワインのブレンドと、赤ワインとちょっと白ワインをブレンドする技術があったり、面白いです。ボディー、タンニンの量は確かに凄いボリュームですが、調和の取れた、芳醇な香りと口当たりには、驚きます。1、2年で飲めるタイプから、5、6年寝かせて楽しむワイン、10年くらい熟成させるワイン。それぞれ、畑の選び方から、醸造の方法からすべて違います。ここ、オーストラリアは本当に凄いところだと感じた一日でした。
このバスケットプレスの機械は、1919年から使っているそうです。
ここティンタラは、歴史と伝統、そして、技術力を持ったワイナリーです。
[PR]
by seiji1996 | 2006-03-25 18:31 | AUSTRALIA