都農ワインホームページへ
 都農ワインの情報満載!                   

カテゴリ
栽培
ワイン
都農グルメ
コミュニティー
葉っぱの会
AUSTRALIA
菜園
イタリア
以前の記事
最新のトラックバック
葉水
from ロマネ・コンティの庭
シラー/シラーズ(ブドウ..
from ブログで情報収集!Blog-..
メオ・カミュゼ・リシュブール
from ワイン 資料
シャトー・ラフィット・ロ..
from ワイン 資料
シャトー・ラフィット・ロ..
from ワイン 資料
デュジャック・クロ・サン..
from ワイン関連資料
ミネストローネ
from 最後の晩餐
フォロー中のブログ
リ ン ク
都農ワイン    
ぶどう園の四季(hyakusyou)
田んぼ通信
☆グランド・スラム☆
よし子ちゃんの九州・鹿児島レポート
荻原葡萄園


プロフィール赤尾誠二
1974年
宮崎県児湯郡川南町生まれ
1993年
高鍋農業高校卒業
同年4月
技師として都農町役場に採用
同年4月から
宮崎県食品加工開発研究センター微生物応用科で一年間研修、都農町果実酒醸造研究所にて3年間の試験醸造に携わる
1994年
山梨県のワイナリーで醸造研修
1996年から都農ワイナリーで栽培、醸造に携わる
2000-2001年、カリフォルニア サクラメントで開催されたUnified Wine&Grape Symposiumに出席
2006年2月
日豪交流事業の一環として、日本を代表して、豪ティンタラワイナリーで2ヶ月半の醸造研修



以前の栽培通信はこちらから!

有限会社 都農ワイン
〒889-1201
宮崎県児湯郡都農町大字川北14609-20
電話:0983-25-5501
FAX:0983-25-5502
English Here
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
オーストラリアでの研修決定。都農ワインが選ばれ、私がドキドキ…。
オーストラリアワイン事務局のベンジャミン ホルトさんがお見えになりました。
日本とオーストラリアの交流年である2006年、今年、ワイン関係では、ワイナリー同士の交流を目的として、日本のワイナリーで働くスタッフをオーストラリアのワイナリーに送り実務研修をするという企画が初めて行われるそうです。ワインレポート2004、2005で、インタビューに来た、デニス・ガスティンさんやいろんな方が都農ワインを推薦してくださり、都農ワインの名前が上がりました。ベンジャミンさん曰く「HPなどの情報も大変素晴らしいし、一度行って見たかったのです!」ということで、今回、訪問することになりました。

そして、なんとその研修に私が行くことになったのです。ひゃぁ~。ビックニュース!
オーストラリアは、いいワインを作るために、新しい醸造・栽培技術を早く取り入れ、素晴らしいワインがたくさんある国です。これまでの常識にとらわれない、技術力がとても魅力的です。私の行くワイナリーは、南オーストラリア州マクラーレン・ヴェール、ティンタラ・ワイナリーになりました。この研修で、北半球から数名のスタッフも参加する予定です。出発は、2月11日。約2ヶ月間行くことになりました。銘醸地といわれるオーストラリアのぶどうを手で触れる事ができると思うとそれだけで、ドキドキしてきます。収穫、ワイン醸造に携われる事ができる事って本当に幸せなことです。これも、都農ワイに携わっている皆様のお陰です。本当に有難うございます。
工場長、行ってこい!と寛大に言って下さって…。有難うございます。
これから今月は、いろんな作業が目白押しにはなりますけど。よろしくお願いします。
b0066067_1933869.jpgb0066067_1934658.jpg
ベンジャミンサンは、日本に来て6年目。日本語が私よりも上手で、驚きました。
都農ワインのラインナップ商品全種類をティスティングして頂き、シャルドネのエステート(3月末リリース)、キャンベル・アーリーを大変評価してくださいました。
[PR]
by seiji1996 | 2006-01-18 19:01 | AUSTRALIA