都農ワインホームページへ
 都農ワインの情報満載!                   

カテゴリ
栽培
ワイン
都農グルメ
コミュニティー
葉っぱの会
AUSTRALIA
菜園
イタリア
以前の記事
最新のトラックバック
葉水
from ロマネ・コンティの庭
シラー/シラーズ(ブドウ..
from ブログで情報収集!Blog-..
メオ・カミュゼ・リシュブール
from ワイン 資料
シャトー・ラフィット・ロ..
from ワイン 資料
シャトー・ラフィット・ロ..
from ワイン 資料
デュジャック・クロ・サン..
from ワイン関連資料
ミネストローネ
from 最後の晩餐
フォロー中のブログ
リ ン ク
都農ワイン    
ぶどう園の四季(hyakusyou)
田んぼ通信
☆グランド・スラム☆
よし子ちゃんの九州・鹿児島レポート
荻原葡萄園


プロフィール赤尾誠二
1974年
宮崎県児湯郡川南町生まれ
1993年
高鍋農業高校卒業
同年4月
技師として都農町役場に採用
同年4月から
宮崎県食品加工開発研究センター微生物応用科で一年間研修、都農町果実酒醸造研究所にて3年間の試験醸造に携わる
1994年
山梨県のワイナリーで醸造研修
1996年から都農ワイナリーで栽培、醸造に携わる
2000-2001年、カリフォルニア サクラメントで開催されたUnified Wine&Grape Symposiumに出席
2006年2月
日豪交流事業の一環として、日本を代表して、豪ティンタラワイナリーで2ヶ月半の醸造研修



以前の栽培通信はこちらから!

有限会社 都農ワイン
〒889-1201
宮崎県児湯郡都農町大字川北14609-20
電話:0983-25-5501
FAX:0983-25-5502
English Here
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2005年シャルドネの収穫スタート。
本日も快晴猛暑に恵まれ、2005年産シャルドネの収穫がはじまりました。
b0066067_20181798.jpg
冬場の剪定から堆肥撒き、芽かぎ、誘引作業など、7人で切り盛りしています。
プラス、仕込みのバイトに来ているスタッフと今日は、8人で収穫です。
こうして収穫できるのも、スタッフの皆さんのお陰です。特にワイナリーが
できてからずっと畑の作業をしてきている岩崎さん。毎年、無理言ってごめんなさい。
現在は、雄二さんが中心となって、管理作業の切り盛りをしてくださっています。
b0066067_20291993.jpgb0066067_20293360.jpg
昨年は19日スタートでしたので、ほぼ昨年と同じ時期に収穫がスタートになりました。
朝から暑さ全開、収穫スタートとは言え、工場長と私は、皆さんに収穫をお願いして、
工場へ直行。今年は、キャンベルが遅れており、2日分の仕込みがまだ残っています。
そして、今日からマスカット・ベリーAの仕込もはじまりました。と言うわけで、
どうしても、工場で仕込みをしなければならず、園周りをして、工場へ戻りました。

収穫は、一房一房丁寧に摘みとり、1コンテナ10kgほど入るコンテナへ入れていきます。
この時に、病気や虫にやられている粒は、きれいにはずしていきます。
毎年、あまり無理させられない畑で、いつもバテ気味だったこの園ですが、今年は、何とか
踏ん張ってくれちょったです。思っていた以上にぶどうが良く、昨年よりは、量も質も良さそう
なので、嬉しかったです。また、来年、栽培の中でやれる事も感じました。整理せねば。

今日は、30aの畑で3,000kgの収穫でした。9耕区までは行きつかず、残りは、明日。
来週いっぱいシャルドネの収穫です。みなさん、暑いですが、頑張りましょ!!



b0066067_20203895.jpgb0066067_20204829.jpg
b0066067_2022970.jpgb0066067_20222067.jpg
ちょっと足が出た~と岩崎さん。8耕区まで終わり、日が暮れました。b0066067_20224327.jpgb0066067_20225232.jpg
工場へ運ばれたシャルドネ。これから、工場長の腕へと渡り、醸されていきます。
工場長は、海外で醸造をしていましたので、これぞシャルドネというぶどうで、醸造
していました。毎年、「まだまだ、これで満足してはだめだ!いいぶどうには、様々な
テクニックが使える。もっといいぶどうが欲しい。ワインの品質は、ぶどうの品質で決まる。
醸造の技術は、ワインの品質の数パーセントにしか過ぎない」と工場長は、言います。
その言葉の背景をうまく言えませんが、醸造哲学、理念がはっきり高くあるので、
言えるんじゃないかなぁと思います。工場長はテクニシャンだし・・・。
これから、工場長の腕によって、おいしいワインに・・・。
[PR]
by seiji1996 | 2005-08-18 22:25 | 栽培