都農ワインホームページへ
 都農ワインの情報満載!                   

カテゴリ
栽培
ワイン
都農グルメ
コミュニティー
葉っぱの会
AUSTRALIA
菜園
イタリア
以前の記事
最新のトラックバック
葉水
from ロマネ・コンティの庭
シラー/シラーズ(ブドウ..
from ブログで情報収集!Blog-..
メオ・カミュゼ・リシュブール
from ワイン 資料
シャトー・ラフィット・ロ..
from ワイン 資料
シャトー・ラフィット・ロ..
from ワイン 資料
デュジャック・クロ・サン..
from ワイン関連資料
ミネストローネ
from 最後の晩餐
フォロー中のブログ
リ ン ク
都農ワイン    
ぶどう園の四季(hyakusyou)
田んぼ通信
☆グランド・スラム☆
よし子ちゃんの九州・鹿児島レポート
荻原葡萄園


プロフィール赤尾誠二
1974年
宮崎県児湯郡川南町生まれ
1993年
高鍋農業高校卒業
同年4月
技師として都農町役場に採用
同年4月から
宮崎県食品加工開発研究センター微生物応用科で一年間研修、都農町果実酒醸造研究所にて3年間の試験醸造に携わる
1994年
山梨県のワイナリーで醸造研修
1996年から都農ワイナリーで栽培、醸造に携わる
2000-2001年、カリフォルニア サクラメントで開催されたUnified Wine&Grape Symposiumに出席
2006年2月
日豪交流事業の一環として、日本を代表して、豪ティンタラワイナリーで2ヶ月半の醸造研修



以前の栽培通信はこちらから!

有限会社 都農ワイン
〒889-1201
宮崎県児湯郡都農町大字川北14609-20
電話:0983-25-5501
FAX:0983-25-5502
English Here
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
エコカレッジ発表会
今日は、うめわいんの出荷。何とか製品作り間に合いました~。
いつながらドタバタした出荷になり、バイトの皆さんにご迷惑お掛けしました。

午後は、都農町でぶどう部会の会長をしている黒木玲二さんが宮崎大学で行われた
エコカレッジエリア構想研究会で発表をしました。なぜ、エコカレッジかというと、
都農町では、環境保全型農業に取組んでいます。生ゴミを堆肥化にする実験プラント
を設置し、地区単位でモデル的な取り組みをしているところです。
役場の担当課長補佐が実験総括を発表しました。家庭、レストラン、スーパー等から
出る生ゴミを堆肥にして、健全な作物を育てる為の土作りに利用します。
そして、農作物を消費者が食し、その残物を生ゴミとして堆肥化する。という循環。
今後の展開と課題を最後に発表を終えました。
b0066067_7481969.jpg

その後、黒木玲二さんの発表。処理物の利用技術(土づくり)について、
映像とともに取り組んできて、目からうろこ、体感した事などを発表しました。
都農ワインと係わり、工場長のいいワインを作りたいという熱い情熱から
「もっと、いいぶどうを作らないかん!」という気持ちになったそうです。
また、地元の有機農業研究会の皆さんとの出会いから、土づくりの大切さを教えて
もらい、健全な作物を育てるためには、何が必要なのか、発想の転換が必要である
事をまず、教えて頂き、これまでの固定概念からの脱却が必要だと感じたそうです。
土づくりの際、投入した堆肥を様々な微生物が分解し、団粒構造を形成していきます。
団粒構造には微生物の働きが必要です。そして、その団粒に取り込まれたミネラル、
微生物の副産物を植物が利用し、健全な樹体(ぶどう)を作る源にしています。
肥料を植物に与えるのではなく、土の微生物に与える。という地元有機農業研究会の
考え、まさにそのとおりの現象が現場ではおきていることを、玲二さんの畑の写真を
スクリーンで流しながら発表しました。会場には、地元有機農業研究会の仲間達が
応援にかけつけて下さり、玲二さんも力が入っていました。
b0066067_749327.jpgb0066067_7491369.jpg
b0066067_7492920.jpg懇親会では、都農ワインが出ました。楽しい懇親会で、盛り上がりました。
最後に通也さん(有機農業研究会 会長)が絞めの挨拶!
答えは、現場にしかない。もの作りの現場からそれらの裏付けを科学的なデータで大学や研究機関が照明してくれる・・・。
私達の自信が更に深まってきました。と熱弁!!
かっこよかった~。


[PR]
by seiji1996 | 2005-07-22 23:47 | コミュニティー